女性と出会う7つの方法!職場や学校で出会いがなくても大丈夫!

出会う方法

あなたは恋人を探していますか?それとも気軽に遊べる相手が欲しいですか?

日常生活に出会いってなかなかないもんですよね。

普通に過ごしてるだけじゃいつまでたっても寂しい毎日。

運命的な出会いなんて無いんです!

行動を起こさなければ出会いは訪れません!

職場や学校で出会いがないからといって、諦めるのはまだ早いです。出会いのかたちは無数にあります。

この記事を参考にして、女性との出会いが絶えない日々を送りましょう!

マスター

出会いに恵まれて常に女性に囲まれた人生を送っている男は、それなりに出会う努力をしているものです。

ただただ漫然と生活していて、突然出会いが降ってくることなんて滅多に無いですからね。

ジュン

僕は「出会いないなあ…」と嘆きつつも何の行動も起こさなかったので、学生時代は全く女っ気がない日々でした。

今はそれなりに出会いがあるけど、あの時もっと行動していれば!っていう後悔は消えないんですよね…。

女性と出会う7つの方法

この記事では、ちょっとした行動で出会いを得ることができる7つの方法を紹介します。

どの方法も一長一短ありますので、あなたに合った方法を試してみましょう。

女性と出会う7つの方法
  1. 友達の紹介
  2. 習い事
  3. 合コン
  4. 街コン
  5. ナンパ
  6. 恋活アプリ
  7. サークル

出会い①:友達の紹介

友達の紹介は出会いの定番中の定番と言えるでしょう。

何度か紹介を受けた経験がある人も多いのではないでしょうか。

メリット

友人のSNSにアップされている写真から好みの子を選んで紹介を頼むことができるため、ハズレがありません。

男友達からの紹介であれば「恋人目的」「遊び目的」などあなたの目的に合った子を紹介してくれるでしょう。

仲がいい友達であればあるほど、性格や趣味の相性も考慮してくれることが期待できます。

デメリット

友達の同僚など近い関係の子を紹介してもらった場合、あまり下手をうつことができません。

友人関係にヒビが入るとまでは言いませんが、友達からの評価が下がってしまう可能性はあります。

「あいつに紹介しても無駄だな・・・」と思われてしまうと、今後の紹介は期待できなくなります。

マスター

最初に目的をはっきり伝えておくことが何より大事です。

友人は真面目な恋人候補のつもりで紹介したのに、あなたが一夜限りの関係で済ませてしまえば当然モメますよね。

ジュン

それとは逆に、友人がすでに手を出した女の子を紹介してくる場合もあります!

それを知らずにその子と付き合ったら最悪だよ、僕は経験あります。。。

出会う方法②:習い事

習い事も出会いの定番ですよね。

英会話や趣味の教室、スポーツジムあたりは、出会いの経験談をよく聞きます。

メリット

スキルを身に付けつつ女性との出会いを果たせるというところが一番のメリットでしょう。

同じ習い事をしているわけですから、趣味や思考が近いはず。

趣味を通じて仲良くなりやすいというところも他の出会い方と比べて優っている点です。

また、合コンやナンパなどの出会い方に比べて、他人に言うときに恥ずかしくないということもあります。

もし出会い目的で習い事を始めたとしても、対外的に自然な出会いを装うことができますよね。

デメリット

出会いに到達するまでに手間がかかるため、手軽に遊びたいという目的の人には向かないでしょう。

それに、女性が皆出会い目的で習い事をしている訳ではありません。

あなたが気に入った子が出会いを求めてなかった場合、何も起こらない可能性が高いです。

マスター

社会人ならゴルフスクールやジム通い、英会話教室がおすすめです。

意外と女性も習い事を通じた出会いを期待しているというデータもありますよ。

ジュン

学生さんなら車の免許合宿はオススメです!

僕は免許合宿が楽しくて、必要ないのにバイクの免許まで合宿で取ったくらいですからね。

出会う方法③:合コン

合コンも出会いのド定番ですよね。

出会いが欲しいとき、まず最初に思いつくのがこの合コンかもしれません。

メリット

友達とのチームプレイなので、息の合った仲間同士であればあなたの魅力を十分に引き出してくれます。

あなたが人見知りだったとしても、それを和らげてくれることでしょう。

また、お酒が入って女の子の警戒心が薄れることが期待できます。

デメリット

もし気に入った子がいても、合コン中に狙いを定めてゆっくり話すことは難しいでしょう。

また、チームプレイであるため、あなたのキャラによっては引き立て役に徹することになるかもしれません。

友人は味方でもあり、ライバルでもあります。

超イケメンが1人でもいると、その彼にすべて持って行かれてしまう可能性もありますよね。

それに、出費が多い割に一度に出会える人数はせいぜい4人。

タイプの子が一人もいない・・・なんてことはざらにあります。

マスター

私は合コンであんまりいい思いをした記憶がないです。

合コンはその場を楽しむものだと思っているのでいいんですけどね。

ジュン

友人の中で役割が決まっちゃてて、僕は盛り上げ役を求められるのよね。

興味ない女の子にも話振ってあげたり、友人は誰狙ってるのかな?とか考えたりしてると自分のことまで気が回らないんだよね。

出会う方法④:街コン・恋活パーティー

街コンはここ10年くらいで急激に成長した出会いのかたちです。

恋活パーティーも似たような形態で、こちらも最近活発に開催されてますよね。

メリット

合コンと違い、一度に出会える人数に際限がありません。

積極的に動き回れば、一度に10人以上と番号交換することも可能でしょう。

費用も5,000円~10,000円くらいなので、合コンよりコスパは高いでしょう。

デメリット

参加者全員がライバルであることが一番のデメリットです。

女の子を確保したと思っても、気を抜くと別のイケメングループにかっさらわれる可能性もあります。

また、貪欲に動き回らないと、意外と成果を上げることができません。

そういう意味では、ナンパに近い度胸と行動力が必要となります。

マスター

参加者はたくさんいても、一度女の子と話始めてしまうと次に移動するタイミングが難しいんですよね。

多分うまくやってる人は、トイレ前とかで張ってかわいい子に声かけまくったりしてるんじゃないでしょうか。

ジュン

街コンは何回か行ったけど、全然ダメだったな。

かわいい子は常に男が囲ってて空きがこないし、興味ない女の子と飲むことが多かった。

出会う方法⑤:ナンパ

出会いの手段として、ナンパも定番の方法ですよね。

ハードルが高いと感じる方も多いでしょうが、路上ナンパだけでなくクラブや居酒屋での声かけもナンパと言えるでしょう。

メリット

ナンパについてきてくれた時点で、あなたに少なからず興味があると言えるでしょう。

また、オープンな子である可能性も高いため、遊び相手としては最適かもしれません。

あなたがナンパが得意でなくても、積極的な友人と行動する機会が多ければ、そのおこぼれを享受できる可能性もあります。

デメリット

話しかけるのにはかなりの勇気が必要ですし、成功率もかなり低いでしょう。

なにしろ相手の子が出会いを求めているかどうかが全くわかりません。

それに、いくらイケメンでもナンパはNGという子も多いです。

マスター

学生の時は学祭でナンパ三昧でしたね。夕方以降はみんなナンパ待ちですし。

早慶青学あたりは毎年行ってました。

ジュン

マスター意外とチャラかったんですね。。。

僕は学祭なんて自分の大学のすら行ったことないですよ。

出会う方法⑥:恋活アプリ

以前は怪しいイメージがあった出会い系サイトですが、最近は出会いのかたちとして一般化してきました。

特に若い世代は抵抗が少ない子が多いのではないでしょうか。

メリット

家にいながらLINE交換までたどり着くことができるため、他の出会いに比べて圧倒的に手軽です。

また、月3,000円も課金すれば数人と出会えるため、他の出会いよりコスト面も優秀。

数千人の中から相手を選ぶことができるため、あなたに合った人と出会えるチャンスはかなり高いでしょう。

デメリット

お互いの判断基準が写真と簡単なプロフのみなので「会ったらイメージと違う!」なんてことがよくあります。

最近の写真加工の技術はものすごく向上しており、自然な写真に見えても加工済みであることがほとんどです。

マスター

最近の恋活アプリは趣味のコミュニティが豊富なため、どんなマイナー趣味でも共通の趣味を持った女性と出会うことができます。

ジュンが好きな超マイナーアニメのファンコミュニティも存在するくらいです。

ペアーズコミュニティの一部

ペアーズ進撃の巨人 ペアーズ化物語

withコミュニティの一部

withガルパン with中二病でも恋がしたい
ジュン

だから!これらは超メジャーアニメですから!

マスターはアニメ見たほうがいいですよ、人生損してます。

出会う方法⑦:サークル

サークルというと大学のサークルをイメージする人が多いでしょうが、それ以外にも様々なサークルが存在します。

趣味でつながることができるため、有力な出会いの形と言えるでしょう。

メリット

社会人であれば「社会人サークル」学生であれば「学生サークル」で検索してみましょう。

驚く程多くのサークルが活動しているのがわかるはずです。

大学のサークルでは入学時点で参加していないと気まずい思いをするかもしれませんが、社会人サークルや学生サークルは随時参加可能です。

あなたの趣味に合ったサークルを探してみてはいかがでしょうか。

デメリット

1つのコミュニティとして厳格なルールが存在していることが多いですし、出会いだけを求めて参加すると「出会い厨」のレッテルを貼られます。

幹部が大きい顔をしているサークルも多いですし、特に社会人サークルは卒業がないため、創設メンバーの権力が大きいのもネック。

集団での立ち振る舞いが苦手な方には向いていないでしょう。

マスター

他の記事でも言った気がしますが、社会人サークルは創設時メンバーがうざくて合いませんでした。

私はこういうコミュニティは向いていないことに気付けただけでもよしとしましょう。

ジュン

僕は学生サークルに所属してましたが、友達もできて入ってよかったと思ってますよ。

大学でサークルに入りそびれた方にはおすすめです!

以上になります。参考になりましたか?

出会いが欲しいなら、積極的に行動するように心がけましょう!