浮気・不倫相手から本命に昇格できないのはなぜ?結婚は不可能?

不倫相手から本命に昇格は無理?

彼(彼女)のために頑張っているのに全然報われない、離婚するって言ってるのに何年経っても離婚してくれない……そういったことに悩んでいる人もいると思います。

浮気や不倫は世間でも炎上する話題の1つですが、それ故に人に面と向かって相談できるものではありませんよね。

本記事では、浮気・不倫相手から結婚相手に昇格しない理由について紹介します。

婚活に特化したアプリや飲み友探しに適したアプリなど、目的別に知りたい方は恋活アプリおすすめランキングの記事を参考にしてください。

【2018目的別】恋活アプリおすすめ決定版!実体験でわかった本当のランキング

2018.07.03

離婚に付き纏うデメリットが大きい

浮気・不倫相手から結婚相手に昇格しない理由として最初に挙げるのが、離婚に付き纏うデメリットが大きいというものです。

浮気・不倫相手の立場だとあくまでも本人達の問題だけだと視野狭窄になりがちです。

しかしながら離婚をすれば周囲の人が知ることになりますし、家族からもいい目を向けられません。

その家族にしても、自分側だけでなく相手側のことも考えなくてはなりません。

家庭内で大きな問題があった場合は別ですが、そうでない場合「他の人に乗り換えたくなった」という理由はなかなか通用しないものです。

浮気・不倫された側は慰謝料を請求してくる可能性も十分に考えられます。

子供がいたらその養育費を払い続けることになるなど、より経済的損失・精神的負担が大きくなります。

また、仮に離婚してあなたと付き合ってそれから別れることになった場合、バツ有りは婚活でも不利になる可能性があります。

バツ有りは良く解釈すると「誰かに一度は愛された保証」ですが、大抵の場合「何か問題行動を起こしたのか? 地雷なんじゃないか?」と否定的な目で見られます。

離婚に付き纏うデメリットは重く大きいので、既婚者側は仮に離婚したい気持ちを抱いていたとしても思い切った行動が取れないのです。

気分転換のための相手としか見ていない

浮気・不倫相手から結婚相手に昇格しない理由として次に挙げるのが、気分転換のための相手としか見ていないというものです。

相手の既婚者があなたと一緒にいる時に常に楽しそうで幸せそうならば、人として好かれている可能性はあるとみていいですよ。

しかしながら、それ以上の関係に発展することはあまり希望を持たない方がいいでしょう。

夫婦仲が別段悪いわけでもなく、精神的にも充実しているようなら尚のことです。

配偶者は配偶者でいい所があるし、あなたはあなたでいい所があるので仲良くしたいと思っているからです。

冷静に彼(彼女)を観察すると、親密に接しながらも一定の距離を保とうとしていることがわかるでしょう。

あなたの良さを十分にわかってはいても、配偶者とそれ以外の人と最初から区別をつけて接しているために気持ちを全て受け取ろうという気にはならないのです。

あなたを心から信用しているわけではない

浮気・不倫相手から結婚相手に昇格しない理由として次に挙げるのが、あなたを心から信用しているわけではないという点です。

人が人を信用するためには、ある程度の時間を必要とします。

「今の人と別れて別の人と再婚して、本当に幸せになれるのか?」「既婚者にアプローチするなんて詐欺でも企んでいるのでは?」といったことを既婚者側は考えてしまいます。

結婚後に別の異性に言い寄られて、ふとある時にブッチされた経験のある人は特に他人を警戒するようになります。

既に結婚してその重みを知っているからこそ中途半端な相手とは未来を考えられない、と考え現在のスペックや将来性も考慮し十分に相手を見定めようとしています。

信用は一日にしてならずなので、彼(彼女)がこうしたタイプと思われるなら地道に信用を築いていくしかありません。

現実的で思慮深く打算的な面がありますから、彼(彼女)の期待に応えるためには相当の努力と実力が必要になってくることでしょう。

結婚を迫られてウザったく感じている

浮気・不倫相手から結婚相手に昇格しない理由として最後に挙げるのが、結婚を迫られてウザったく感じているというものです。

ずっと浮気・不倫相手止まりだとイライラしてつい相手に当たったり、その配偶者のことを憎んだりしたことがある人もいると思います。

しかしそうした振る舞いは結婚相手に昇格するどころか、面倒くさがられ逆効果になる可能性が高いです。

そんな面倒な人を相手に浮気・不倫関係を続けるのは背徳感に酔ったり、退屈過ぎる毎日のちょっとしたスパイスを味わえるためです。

特に「何で若くて有能な私よりもこんな奴の方がいいの?」と相手の配偶者にマウントを取る行為は、その配偶者を選んだ彼(彼女)を傷つける可能性もあり嫌われます。

「愛されなくてもいいからあなたを好きでいたい」という健気な姿勢の人に対しては何とかしてあげたいと思いますし、少なくとも言われて悪い気持ちにはならないものです。

もし既婚者の彼(彼女)に結婚を無理に迫ったり、その配偶者をディスっているようならばそうした行為は即止めた方がいいですよ。

以上、浮気・不倫相手から結婚相手に昇格しない理由の紹介でした。

色々な理由がありますが、根本にあるのは離婚することのデメリットと将来への不安の大きさと言えます。

堅実で打算的なタイプの人は特に余程のことがない限り離婚して浮気・不倫相手と再婚、とはならないので、ある程度の期間恋愛して結果が出なければ気持ちを切り替えるのも1つの選択肢です。