女性の「好意サイン」を見逃すな!デート中の言動に隠された6つのサイン

女性の好意サインを見逃すな

男からすると、デート相手の女性が自分に好意を持ってくれているのかどうか分かりにくいものです。

たいては男から攻めることになりますし、受け身の女性が多いので仕方のないことではあります。

しかし実は、デート中の女性の言動には「好意サイン」が隠されているのです。

そのサインを見逃さずに女性の好意に気付くことができれば、よりアグレッシブにアプローチすることができますよね。

この記事ではそんな女性の「好意サイン」を5つのポイントに分けて解説します。

デート中の女性の言動に現れる6つの好意サイン

この記事で紹介する女性の「好意サイン」は次の6つです。

  1. すぐに帰りたがらない
  2. 目が合ってもすぐにそらさない
  3. 女性との距離を詰めても嫌がらない
  4. 自分の趣味や価値観についてたくさん質問してくれる
  5. 会話の声がはずんでいる
  6. デート後すぐにLINEでお礼メッセージが来る

好意サインはその女性の性格やあなたとの関係性にもよるので一概には言えませんが、上の5つのうち2つ以上の要素に該当するのであればあなたに好意を抱いている可能性が高いでしょう。

1.すぐに帰りたがらない

あなたも同じだと思いますが、相手とのデートが楽しくてその女性に好意を抱いたら、家に帰るのが惜しくなりますよね。

それは女性にとっても同じです。

あなたとのデートが楽しければ、できるだけ長い時間一緒にいたいと思うのは自然な話です。

映画デートであれば映画を見終わったあとに「この後どうする?ご飯行く?」、居酒屋デートなら「2軒目どうする?」、こう聞かれた女性はあなたに好意を抱いているならばきっと同意してくれるでしょう。

ただ単にもう少しあなたと話してあなたのことを判断したいという感情も込められている可能性はありますが、少なくとも嫌な感情を持っていないことは確かです。

デート中の女性を気遣って早く帰らせてあげようという優しさも必要かもしれませんが、その女性を落としたいのであればそのデートで最大限楽しませてあげることが大事ではないでしょうか。

2.目が合ってもすぐにそらさない

女性は基本的に、嫌悪感のある男性と見つめ合うことに抵抗を感じます。

デート中ふとしたタイミングで目が合ったときに、すぐに目をそらさないようであればそれは好意サインである可能性があります。

意外と女性は好きな男性に対して「目」でアプローチをかけていることが多いのです。

ただし、そもそも恥ずかしがり屋で目を合わせることが極端に苦手な女性もいます。

逆に誰に対しても目をガン見してくるタイプの女性もいますので、このサインはあくまで他の要素と合わせて好意サインかどうか判断してください。

3.女性との距離を詰めても嫌がらない

デート中、並んで歩いている時やベンチに座ったときなど、あなたと女性の距離はどれくらいでしょうか?

初デートであれば、お互いの間にはまだ物理的な距離があるかもしれませんね。

しかし好意サインを確認したいのであれば、一度意識的に体の距離を詰めてみましょう。

当たり前ながら、女性は好意を持っていない男性に極端に近づかれると警戒心を抱きます。

しかし逆にあなたに好意を持っているのであれば、多少の接近は許容してくれる可能性が高いです。

初デートでもデート終盤であれば、手をつなぐくらいならチャレンジしてみてもいいかもしれません。

ただし、距離を詰めるのはあくまで慎重に。

初デート序盤でいきなり手をつなぐのは非常識ですし、場合によってはチャラいと思われたり気持ち悪いと思われる可能性すらあります。

もし少し距離を詰めてみて女性に警戒する素振りを見せられたら、潔く引いた方が安全です。

4.自分の趣味や価値観についてたくさん質問してくれる

通常、初デートの会話では男性の方から話題を振ることが多いのではないでしょうか。

男性の方からいろいろ質問し、会話を広げていくというのは女性との会話テクニックの一つでもあります。

しかし、もしその女性があなたに対して興味を持っているのであれば、あなたの趣味や価値観について質問してくるのが自然ですよね。

女性だって好意を持っている男性のことをより深く知りたいと思うのは当然のことです。

もし女性の方からあなたの仕事や趣味、価値観や家族との関係など、様々な質問をしてくるようであれば、あなたに好意を持っているサインと捉えていいのではないでしょうか。

5.会話の声がはずんでいる

これは少し抽象的な基準ではありますが、かなり明確な好意サインと言えます。

女性は好意を持っている男性とそうでない男性で、明らかに声のトーンが変わります。

好意を持っている男性には普段よりワントーン高く、明るく楽しそうな声になる方が多いはずです。

その女性の普段の声を知らないと判断しづらい部分はありますが、客観的に見て「高くはずんだトーン」と感じる声であれば、あなたに好意を持っている可能性があります。

ただし、男性慣れしていない女性などはあなたとの会話に緊張してしまい、声のトーンが暗くなってしまう人もいるでしょう。

したがってこの要素も単独で判断するのではなく、他の要素と合わせて判断してください。

6.デート後すぐにLINEでお礼メッセージが来る

デート後の話ではありますが、これはかなり有力な好意サインです。

あなたとのデートが楽しくて「また次も会いたい」とその女性が思ったのであれば、デート後にお礼のメッセージが来るはずです。

そのメッセージの中に「今日は楽しかったです」「また遊びましょう」などのワードが入っていれば、ほぼ間違いなくあなたに対してプラスの感情を抱いていると言えるでしょう。

ただし、女性の中には駆け引きを意識したり、恥ずかしい等の理由から、自分からメッセージを送らない方もいるかもしれません。

デート後しばらくしても女性からメッセージが来ない場合は、あなたの方からメッセージを送ってみましょう。

その返信でやはり上記のような文言が含まれていたならば、好意がある可能性は少なからずあるはずです。

どのサインが一番の好意サインなのか

最初に「6つのサインのうち2つ以上に当てはまれば好意サインである可能性が高い」と言いましたが、果たしてどのサインが一番の好意サインなのでしょうか。

この記事で紹介した好意サインはすべて有力な好意サインではあるものの、女性の性格や考え方によって左右されるのも事実です。

例えば女性によっては好きな人には素っ気なく接してしまうクセがある方や、簡単な女だと思われないようにあえて早く帰るなど、様々なケースが考えられます。

そもそも目を合わせることが苦手な女性もいるでしょうし、そういう女性は好意サインが見えづらいこともしばしばです。

そういった観点で言えば、最後に紹介した「デート後のLINEメッセージ」が一番わかりやすい好意サインではないでしょうか。

恥ずかしがりやの女性でもLINEであれば素直な気持ちを送ることができる可能性は高いですよね。

それに、もしあなたに好意を抱いていなかったとしたら、「また遊びましょう」とは社交辞令でも送らないはずです。

好きでもない男にしつこく迫られるリスクをあえて犯す女性は少ないでしょうから、こういったメッセージが来ればそれだけで脈ありだと考えていいと思います。

好意サインがあったからと言って焦りは禁物

女性からの好意サインに気付き、「この子はいつでも落とせる!」と思ってしまった方がいたら、少し前のめりになりすぎている可能性があります。

その女性があなたに好意を持っていたとしても、人それぞれ恋愛のペースがあります。

例えば3回目のデートでのキスは早いと思う人もいれば、普通だと思う人もいるでしょう。

そのペースに違いがありすぎるとあなたの評価を下げることに繋がります。

絶対に落としたい女性であれば、恋愛の段階を踏むのはできるだけ慎重に行いましょう。

手を繋ぐ、キスをする、告白するなど、何らかのアクションを起こしたいのであれば、これまでのデートで重ねてきたその女性との会話の中からヒントを探し、いけるかどうか慎重に判断してください。

まとめ

この記事ではデート中に表れる女性の好意サインについて解説してきました。

女性によって考え方や恋愛経験の違いがあるため一概には言えませんが、一つの指標として役に立つと思います。

最後にもう一度6つの好意サインを確認しておきましょう。

  1. すぐに帰りたがらない
  2. 目が合ってもすぐにそらさない
  3. 女性との距離を詰めても嫌がらない
  4. 自分の趣味や価値観についてたくさん質問してくれる
  5. 会話の声がはずんでいる
  6. デート後すぐにLINEでお礼メッセージが来る

これらの要素がデート中に現れたら好意サインと捉えて前向きにデートを重ねていってください。

この記事の内容を参考に、ぜひ気になる女性との恋愛を成就させてください!