彼氏が仕事の話ばかり!自分の話しかしない彼氏への対処法

自分の話しかしない彼氏の対処法

彼氏ができたら日々の出来事や趣味のことを話したくなるのは当然ですよね。

もしかしたらそれが彼氏作りの一番の動機となっている方もいるかもしれません。

しかし、そんな待ち望んだ彼氏が仕事の話しかしないような人だったらどうでしょうか。

もしかしたらそれだけで彼氏に不満を抱いてしまうかもしれません。

そんな彼氏と付き合ってしまったときのために、ぜひ対処法と改善策を知っておきましょう。

彼氏が仕事の話をしてしまう心理

対処法を見ていく前に、まずは仕事の話ばかりしてしまう男性の心理を知っておきましょう。

仕事の話ばかりしてしまう理由は人によって違うでしょうし、一概には言えない部分もあります。

しかし、次の4パターンのうちどれかには当てはまるのではないでしょうか。

  • 男性にとって最も重要なのは仕事
  • 彼女にいいところを見せたい気持ち
  • 仕事の愚痴を聞いてくれる相手として認識している
  • 他人の話に興味がない

どのタイプに属するかで対処法の難易度も変わってくるため、まずはあなたの彼氏がどのタイプに属するのか考えてみましょう。

また、この記事では「仕事の話しかしない彼氏」としていますが、これは「自分の話しかしない彼氏」にも共通する部分があります。

そういった悩みを抱えている方も参考になる部分があると思いますので、ぜひ読んでみてください。

生活の中で仕事を最優先している

多くの男性にとって生活の中で最も優先順位が高いのは、仕事である場合が多いです。

最近では「ワーク・ライフ・バランス」という言葉も一般的になり、仕事以外の趣味や恋愛に重きを置いている男性も増えてはいます。

しかし、彼女に対して仕事の話しかしないような男性は、間違いなく仕事の優先順位が最も高いと言えるでしょう。

このタイプの男性は、20代であれば「上司や先輩に認められたい」「同期に負けたくない」といった向上心があり、30代になっても「後輩に頼られたい」「早く役職につきたい」といった向上心を失わないタイプです。

仕事が終わってもセミナーに参加したり、ビジネス書を読んだり、資格取得に励んだりと、常にビジネススキル向上が最大の関心事なのです。

基本的にこのタイプの男性は、誰に何を言われても仕事を最優先します。

いつかモチベーションが低下して仕事以外の趣味や恋愛を重視することもあるかもしれませんが、それは本人の内面次第。

あなたが「仕事より私を優先して!」などと言えば、彼氏にとって「仕事の邪魔になる存在」とまで思われてしまう可能性があります。

彼女にいいところを見せたい気持ち

男性の中には「仕事ができる男はかっこいい」「仕事をがんばっている自分が好き」という思考回路を持っている人が一定数います。

こういった考えの男性は、彼女に対しても「仕事を頑張ってるアピール」をしたがる傾向にあります。

彼女に対してはバリバリ仕事している姿を見せることができないため、デート中や電話で「仕事を頑張ってるオレ」「仕事ができるオレ」アピールをしてしまうのでしょう。

あなたからの評価を上げたいがための言動なのである意味かわいらしさもありますが、それでも仕事の話ばかりではうんざりしてしまいますよね。

「仕事ができるアピール」も度が過ぎると、自慢話に聞こえたり、ナルシスト臭を感じて嫌な気分になる女性も多いかもしれません。

そういった女性の反応にも気づかないということは、ある意味鈍感なタイプとも言えるでしょう。

仕事の愚痴を聞いてくれる相手として認識している

誰だって毎日仕事をしていればストレスが溜まるものです。

あなた自身もきっと仕事で様々なストレスを抱えていることでしょう。

それはきっと彼氏も同じです。

特に男性は生活の中での仕事の優先順位が高いからこそ、仕事でのミスや仕事ができない自分にストレスを抱え込みやすいと言えます。

そんな男性によくあるのが、「彼女に愚痴を聞いてもらいたい」「彼女に慰めてほしい」という、あなたの力を借りてストレスを発散しようといる思考回路です。

同僚には弱みを見せたくなくても、信頼している彼女には何でも話せる、という点では彼女として嬉しい部分もあるかもしれません。

しかし、ストレスを抱えているのはあなたも同じですよね。

そういったストレスを自分で消化できず、あなたにぶつける時点であまり精神的に強くない男性である可能性はあります。

他人の話に興味がない

最後のパターンは、そもそも他人の話に全く興味がない男性です。

彼氏が仕事の話しかしない人でも、会話は通常はキャッチボールで行います。

例えばあなたが「ところで○○って映画面白そうじゃない?」「そういえば昨日食べた○○がすごく美味しくて…」などと話題を振れば、二人の中で仕事の話以外の会話が生まれるはずですよね。

しかしそもそも彼氏が「他人の話に興味がない」タイプの場合、あなたがどんな話題を振っても素っ気なく返事するだけだったり、退屈そうにしたりして、すぐに自分の話に戻そうとします。

これはもうそういう人なのでかなり矯正は難しく、一番やっかいなタイプと言えるでしょう。

あなたの友人にもそういうタイプの子がいるかもしれませんが、彼氏もそれと同じタイプと考えると矯正することの難しさが分かるのではないでしょうか。

彼氏が仕事の話しかしない場合の4つの対処法

彼氏が仕事の話ばかりする思考回路をいくつか紹介してきました。

ここからは具体的にどのような対処法をとればいいのか、考えていきましょう。

①他の話題を振ってみる

まず絶対にしなければならないのは、あなたから積極的に他の話題を振ってみることです。

これをせずに「彼氏が仕事の話ばかり」と落ち込んでしまうのは気が早いと言えるでしょう。

彼氏から発信される話題が全て仕事でも、もしかしたらあなた発信の話題にもちゃんと乗ってくれるタイプの男性かもしれません。

他の話題を振っても彼氏の食い付きが悪かったり、すぐに仕事の話に戻そうとする彼氏の場合、次のステップに進みます。

②いつもよりテンション低めに話を聞いてみる

彼氏があなたに仕事の話ばかりするのは、あなたが聞き上手で話していて気持ちがいいから、という原因も考えられます。

そこで一回、彼氏の仕事の話に対していつもよりテンション低めに聞いてみましょう。

「うん…」「ふーん」「そうなんだ」などとそっけないリアクションをしていれば、普通の男性であれば何か感づくはずです。

「仕事の話ばかりで飽きちゃったかな」「いつも仕事の話ばかりしてたけど、本当は嫌だったのかな」と思ってくれれば大成功です。

そこまでいかなくても、「どうしたの?今日テンション低いじゃん」「具合悪いの?」などと、あなたの様子が普段と違うことには気付くはずです。

そこまで行けたら、次のステップに進みましょう。

もし彼氏があなたの様子が違うことに気付かず、仕事の話をベラベラ続けるようなタイプであれば、ものすごく鈍感な人なので矯正はかなり難しいでしょう。

③私の話に興味ない?と拗ねてみる

彼氏の仕事の話をテンション低めで聞き、彼氏があなたの異変に気付いたら、「私の話には興味ないの?」「もっと二人で盛り上がれる話がしたい」と拗ねてみましょう。

彼氏もそこではじめて、仕事の話が退屈だったということに気付くかもしれません。

そこに気付いてからどのように変わるかは彼氏次第です。

「仕事の話が一番大切だ」というような彼氏の場合、もはや矯正は諦めるしかありません。

④全く気付かないなら荒療治も必要

最終手段としては、「仕事の話ばかりで話してて全然楽しくない」とはっきり突きつけましょう。

もっと言えば、「会話が楽しくないから別れたい」とまで言ってしまってもいいかもしれません。

もし彼氏があなたに対して本気であれば、会話の内容に気をつけるから別れないでほしいと引き止めてくるはずです。

逆にここで「わかった、別れよう」とすんなり受け入れてくるような彼氏であれば、あなたに対する本気度が高くないのでしょう。

そもそも自分の話しかしないような男性は自己中心的で他人の気持ちが分からない人とも言えるので、別れて正解かもしれません。

会話が楽しくなければ「気が合わない」と諦めも必要

彼氏との会話がつまらないという理由だけで別れたくない、と思う方もいるかもしれません。

会話の内容以外の、見た目や収入、仕事内容などのスペックが高い彼氏であれば、手放すのが惜しいと感じてしまうのも当然です。

しかし、会話が楽しくないということは、要するにその彼氏とは気が合わないということではないでしょうか。

価値観や考え方が似ている者同士であれば、会話が楽しくないなどということは普通ありえません。

会話が楽しくない時点で、彼氏とは気が合わない=別れるのも仕方がないという、ある意味諦めも必要なのではないでしょうか。

まとめ

この記事では「仕事の話ばかりをする彼氏」について解説してきました。

彼氏とはお互いの興味や悩みをお互いで共有しあう関係が理想ですよね。

今の彼氏が「仕事の話ばかりしていてごめん」と気付いてくれるのが一番ですが、それが無理であれば時には強攻策に出る必要があるかもしれません。

会話のつまらなさに目をつぶって付き合っていくのか、思い切って彼氏に不満をぶつけるのか、何らかの判断を下さなければなりません。

いずれにしても、あなたが彼氏との会話で満足できるようになることを願っています。