婚活において学歴はどの程度影響する?高学歴女子・低学歴男子は不利?

婚活に学歴はどの程度影響する?

あなたは結婚と学歴の関係についてどう考えていますか?

「結婚に学歴は関係ない」

そういうアドバイスやアンケート結果を目にすることはあっても、実感として婚活市場における学歴のハンデを感じている方も多いのではないでしょうか。

そんなあなたのために、「結婚と学歴との因果関係」について徹底調査しました。

ジュン

学歴は社会人になってからどうこうできる要素ではないので、どうしても気になってしまう要素ですよね。

結婚相手の学歴はどれだけ重視されるのか

2015年に実施された「第15回 出生動向基本調査」において、「結婚相手の学歴」に関する調査が行われました。

■結婚相手の学歴を「考慮・重視する」人の割合

  • 男性…30.5%
  • 女性…54.7%

このデータを見ると、男性の約1/3が、女性は半数以上が「結婚相手の学歴を気にする」ということがわかりますね。

これを多いと取るか少ないと取るかは人によって変わると思いますが、私は思ったより多いなと感じました。

では、学歴を考慮する人は、相手の学歴に何を求めているのでしょうか?

一口に「相手の学歴を気にする」と言っても、「学歴が近い方がいい」という人と「相手の学歴が高ければ高い方がいい」という人に分かれるでしょう。

学歴が近い方が話や価値観が合う

極端な例を出せば、東大卒と中卒の間では興味を持つ話題や価値観は全く噛み合わないですよね。

「学歴が近い方がいい」という人は、夫婦間の価値観が近い方が結婚生活が上手くいくと考えているのだと思います。

学歴が近ければ育ってきた環境も近いこともあるでしょうし、価値観のズレで衝突する機会が少なくなるのは一理ある考え方です。

子供の学力への影響を気にする

一方、「相手の学歴が高ければ高い方がいい」というタイプの人は、子供に遺伝する学力を気にする意味が大きいのではないでしょうか。

行動遺伝学の第一人者である安藤寿康教授の研究によると、学力の50~60%は遺伝が影響すると言われています。

親として子供にいい大学に入って欲しいと思うのは普通の感情ですから、結婚相手に学力を求めるのは自然な流れでしょう。

他にもステータスや親・友達など世間体の問題もあるとは思いますが、「相手の学歴が高ければ高いほどいい」というタイプの人の考えはこんなところでしょう。

ジュン

「学歴が高い=高収入」というイメージで学歴を重視する人もいるかもしれませんね。

結婚相手の学歴に対する男女の考えの違い

「結婚相手の学歴を重視するか」の調査結果は先ほど見た通りですが、その「重視」する内容は男女によって違います。

  • 男性…女性の学歴は自分と同等かそれ以下がいい
  • 女性…男性の学歴は自分と同等かそれ以上がいい

もちろん全員が全員そうだとは言いませんが、上のような傾向が強いでしょう。

男性には女性をリードしたいという欲求があるものですが、自分より高学歴の女性に対しては自信を持てないという人も多いはずです。

ジュン

高学歴の女性に対しては「バカにされそう」「相手にされなそう」という負の感情が働いてしまいます。

一方、女性は男性にリードしてもらいたいという気持ちが強いでしょうし、収入面でも学歴が高いほうが期待値が高くなります。

ですから高学歴の男性を求めるのは当たり前の話かもしれません。

高学歴女子は結婚しにくい?

東大卒の女性の結婚相手の約7割が東大卒と言われており、自分と同等以上の学歴を求める傾向が顕著と言えます。

男性が「女性の学歴は自分と同等かそれ以下がいい」と考えているのであれば、高学歴の女性は自ずと結婚相手の対象が減るため、結婚しにくいのでは?と思えてしまいます。

しかし学生時代からの付き合いの場合はもちろん、社会人でも高学歴女子が就職した会社には高学歴男子がたくさんいるものですから、一概に結婚しづらいとは言えません。

高学歴男子には「どうせ結婚するなら頭のいい女性の方がいい」と考える層は少なくないため、あまり深く考える必要はないのではないでしょうか。

ジュン

高学歴同士であれば、女性が高学歴であることはむしろプラスと言えるでしょう。

低学歴男子は結婚しにくい?

逆パターンで、女性が「男性の学歴は自分と同等かそれ以上がいい」と考えるのであれば、低学歴男子は結婚相手の対象が減ることになります。

最初に紹介した調査結果でも、男性より女性の方が相手の学歴を気にするというデータが出ていましたね。

ですから女性の方が男性の学歴をシビアに評価する傾向があり、低学歴男子はそういった意味では苦戦する可能性があります。

しかし学歴が低くても、収入で挽回することは十分可能です。

女性は男性の学歴より「収入」が気になる

「第15回 出生動向基本調査」のデータによると、学歴を気にする女性が54.7%であったのに対し、結婚相手の収入を気にする女性は93.3%にも及びます。

ですから男性は学歴を過度に気にするよりも、自分の収入を上げることを第一に考えたほうがいいでしょう。

学歴より重要なポイントはたくさんある

またまた「第15回 出生動向基本調査」のデータを見ると、男女別に重視するポイントベスト5は次のとおりです。

男性が結婚相手の女性に求めるポイント
  1. 位 人柄…96.1%
  2. 位 家事・育児の能力…92.8%
  3. 位 仕事への理解…88.2%
  4. 位 容姿…84.3%
  5. 位 共通の趣味…73.2%
女性が結婚相手の男性に求めるポイント
  1. 位 人柄…98.0%
  2. 位 家事・育児の能力…96.0%
  3. 位 経済力…93.3%
  4. 位 仕事への理解…93.2%
  5. 位 職業…85.5%

このように、学歴よりも重要なポイントはたくさんあることを知りましょう。

あなたが学歴について悩む気持ちも分かりますが、その他の要素でいくらでも挽回可能なのです。

特に人柄と家事・育児の能力は男女ともに最も重視されているポイントです。

男性でも家事や育児への積極参加の姿勢を見せたり、女性なら料理の腕を磨くなど、できることはたくさんありますよね。

あまり学歴について深く考えず、その他の要素で好印象を勝ち取りましょう!

婚活に特化したアプリや真面目な恋人探しに適したアプリなど、目的別に知りたい方は恋活アプリおすすめランキングの記事を参考にしてください。

【2018目的別】恋活アプリおすすめ決定版!実体験でわかった本当のランキング

2018.07.03