LINEテクニック・女子編|男が考える男性の気を引く7つのポイント

LINEテクニック

気になる男性とのLINE、どう振る舞えばいいのか悩むことはありませんか?

「ウザいと思われてないかな?」

「気を引くにはどうしたらいい?」

と不安な気持ちになりますよね。

そんなあなたは、この記事で紹介する7つのポイントを実践してみてください。

気になるあの人の反応が変わるかもしれませんよ。

効果絶大!7つのテクニック

LINEで男性の気を引く7つのポイント

  1. 同じスタンプを使ってみる
  2. 既読スルー&未読スルーを上手に使う
  3. 長文や連投は控える
  4. 受け身にならない
  5. かわいいスタンプを使う
  6. 返信のタイミングを合わせる
  7. 感謝の言葉を上手に使う

1.同じスタンプを使ってみる

これは「趣味が近い」ということを意識させるテクニックです。

趣味や感覚が近いと、男性側は「この子と付き合ったら上手くいくかも・・・」という気持ちになります。

  1. 相手が送ってきたスタンプをタップして確認
  2. そのスタンプをすぐ購入する
  3. 偶然を装って「あ、私も同じスタンプ持ってる!」と送信

男性にとっては単なる偶然ですし、重いと思われることもありません。

ただし「女子が持ってると引かれそう」なスタンプでこのテクニックを使うのは難しいでしょう。

2.既読スルー&未読スルーを上手に使う

まず、このテクニックは使いすぎは厳禁です。

毎日のように使っていると、ルーズな子だと思われてしまいます。

でも、たまにやる分効果は絶大です。

具体的には次のような効果があります。

  • 何度もやり取りした後に急に既読スルーされると男性は不安になり、あなたのことを考える時間が増える
  • 1通目のLINEを未読スルーすることで「他の男といるのかな?」とあなたのことを気になる状況が作れる

あなたも男性に同じことをされたら、少し相手のことを気にかける時間が増えたりしませんか?

それだけ効果的なテクニックといえます。

ただし、遅れて返信したときにはしっかり謝ることを忘れないようにしましょう。

3.長文や連投は控える

長文のLINEや、相手の返信がないのに次々連投するのは「重い」と感じられてしまいます。

男性も最初はあなたに合わせて長文で返してくれるかもしれませんが、次第に面倒だと思うようになるでしょう。

1つのメッセージが長文になりそうであれば、2回に分けて送信するなど工夫するといいかもしれません。

4.受け身にならない

気になる男性に質問したり、話題を振ったりすることが苦手な人もいると思います。

でも、その男性を振り向かせたいなら積極的に話題を提供するようにしましょう。

男性主導でやり取りした方が楽ですが、男性側も次第に話のネタが尽きてきます。

常に男性が新しい話題を考えるような流れができてしまうと、あなたとのLINEが次第に面倒に感じるようになるでしょう。

どんなに小さなことでもいいので、あなたからもネタを振るように心がけましょう。

5.かわいいスタンプを使う

意外かもしれませんが、かわいいスタンプが好きな男性は多いです。

同じ種類のスタンプを使い続けていると、次第にあなた=かわいいスタンプのイメージという印象を与えることができます。

意外かもしれませんが、かなり効果は高いと思います。

大した手間ではないですし、マイナスになることは少ないのでやって損はないテクニックです。

6.返信のタイミングを合わせる

相手が10分くらいで返信してきているのに、あなたが常に即レスだと相手の負担になる可能性があります。

特に社会人ですと、平日の夜や土日は趣味に費やしたい時間でもあります。

男性からの返信のテンポが遅いなーと感じたら、あなたもそれに近いペースで返信することを心がけましょう。

男性からの返信が2日置きとか、極端に遅い場合は無理に合わせる必要はないと思います。

ただし、そこまで返信が遅いとなると、脈がないという可能性も高いです。

7.感謝の言葉をうまく使う

これは男女関係ない話ですが、「ありがとう」「うれしいです」のような言葉を言われて嫌な気持ちになる人はいないでしょう。

ただし、あまりに使いすぎると効果が薄れてしまいます。

久々にメッセージが来たときに「メッセージうれしいです!」のような感じで使うと、相手もドキっとするかもしれません。

LINEテクニックおさらい

LINEで男性の気を引く7つのポイント

  1. 同じスタンプを使ってみる
  2. 既読スルー&未読スルーを上手に使う
  3. 長文や連投は控える
  4. 受け身にならない
  5. かわいいスタンプを使う
  6. 返信のタイミングを合わせる
  7. 感謝の言葉を上手に使う

以上が7つのテクニックになります。

参考になりましたか?

男目線から見たテクニックなので、女性からすると違和感がある部分もあるかもしれません。

でも、実践してみると効果を実感できると思います!

ぜひ参考にしてみてくださいね。