マッチング率アップのメール文章!女性が教える5つのポイント

女性目線でレクチャーマッチングできるメール文章

こんにちは、恋愛ライターのゆーりです。

ネットで出会いを探そうと思っても、女性から全く返信が来ないと悩んでいる方も多いと思います。

相手の女性の反応が良くないのは、もしかすると送っているメッセージが原因かもしれません。

私自身マッチングサイトで男性から数多くのメッセージを貰うのですが、メール文章がなってない男性が多すぎます!

でも逆に考えれば、少し気をつけるだけで多くの男性より優位に立てるのです。

本記事では、ネット恋愛で女性から返信を貰いやすいメッセージの書き方について紹介します。

ちなみに男性目線でメール文章について解説した記事も参考にしてください。

出会い系メール返信率アップ!3つの心構えと14のテクニック

2018.01.17

募集条件に当てはまることが最低限のマナー

1つ目のポイントは、メッセージを送る前に相手の募集条件に当てはまっているか客観的に考えることです。

マッチングサイトで気になる女性を見つけた時に、募集条件を無視してメッセージを送っていませんか?

例えば「男友達希望」と書かれているのに重い恋愛のノリを求めたり、「30歳以降×」という募集に30歳以上の方がメッセージを出したりですね。

こうした行為は女性からすると、迷惑で不快に思われます。

条件を設定しているのは、ある程度やり取りする相手を絞るためです。

条件に当てはまらないのにメッセージを送って、見向きもされないのは仕方がないことです。

返信率を上げるには、趣味・年齢など自分に合った募集をしている女性を探すようにしましょう。

相手のプロフィールから話題を探る

2つ目のポイントは、相手のプロフィールをじっくり読むことです。

返信しやすいメッセージとは、答えやすかったり興味をそそられたりするメッセージです。

ファーストメッセージや初期の段階では相手のことはあまりわかりませんよね。

そうした時は、メッセージを送る前に相手の女性のプロフィールや自己紹介文をよく読みましょう。

大抵好きなものや興味を持っているものなどが書かれていると思うので、そこから話題を広げていくようにします。

例えば「休日の過ごし方はゲーム」とあれば「どんなジャンルのやつをやってる?」と聞けますし、「カフェ巡りが好き」とあれば「一番雰囲気のいいカフェはどこでしたか?」のように相手から話題を引き出すことができます。

このテクニックを活かしたメッセージなら外すことがありませんし、相手も答えやすいです。

また、文面からプロフィールや募集文を見たことがわかるので印象アップにもなります。

短文過ぎない

3つ目のポイントは、短文過ぎるメッセージを送らないことです。

短文のメッセージは単につまらないという印象だけでなく、素っ気ない・仲良くする気がないのだとも思われる可能性があります。

リードされたい女子や会話が苦手な人の場合、短文だとどう返答していいか困ってしまうことも考えられます。

答えにくいメッセージは保留からの返信忘れやスルーに繋がるので、返信を受け取る可能性は低いでしょう。

十分に仲良くなった後でLINEのようにテンポのいい会話が成立するのは、お互いに人柄を知っていて安心感があるからです。

しかしファーストメッセージや打ち解けていない期間の短文メッセージは、上記の理由から避けるようにした方が無難です。

一方的な自分語りを控える

4つ目のポイントは、一方的な自分語りをしないことです。

コミュニケーションに不慣れな人が犯しがちなミスですが、一方的な自分語りは聞かされる側からすると面白くないことが多いです(興味があれば女性の方から聞いてきます)。

どんな時でも「俺が、俺が」と自分主体のメッセージを送っていると、子供じみた自分勝手な人と思われてしまいます。

それを防ぐためには、自分主体の話題と相手主体の話題の割合が偏っていないかチェックしながらやり取りするといいですよ。

自分のことについて話すことが続いたな、と思った時は女性に質問を投げかけたり、会話の主導を渡したりしてバランスを取ってください。

文字のコミュニケーションで少しずつお互いに知って仲良くなることがネット恋愛の醍醐味です。

相手を知ろうと思っているのなら、自分語りは程々に相手からも話題を引き出してあげるようにしましょう。

困った時は疑問文を付け加える

最後のポイントは、やり取りで行き詰まった時はとりあえず疑問文を付け加えるというものです。

あまり詳しくない話題を振られて、リアクションに困り短文でしか返しようがない時も出てくると思います。

そんな時に短文のみを送るよりも、疑問文を添える方が女性からの好感度は高いです。

例え本当は関心がなくても受信側には関心がある文面に見えますし、素っ気ない印象になりそうな時の文章量のかさ増しとしても使えます。

誰でも簡単に咄嗟の時に使えるテクですので、覚えておいて損はありませんよ。

しかし、疑問文を加えるのが効果的と言っても限度があります。

大して仲が良くない段階なのに根掘り葉掘り聞くことや、事ある毎に質問を重ねる行為は迷惑がられる可能性があるため注意が必要です。

どうしてもメールが苦手な人は

いろいろ気をつけてはいるけど効果的なメールを送れない、または面倒だと感じてしまう人もいると思います。

そういった方は、豊富なメール定型文が用意されているサイトを利用するのも一つの手です。

下記のサイトは女性ウケのいい定型文が多数用意されているので、ファーストメールに悩むことがかなり減ると思いますよ。

withアイコン
with 月額制FB必須
メンタリストDaiGo監修の心理テストでのマッチング!趣味の共通点もひと目でわかる
[star rating=”4.3″]口コミを見る

DaiGo監修の心理テストが一番の特徴だが、趣味の一致がひと目で分かるのもポイン高し。もちろん趣味別に異性を検索することも可能。

タップル誕生アイコン
タップル誕生(R18)  月額制FB不要
趣味で始まる出会いがモットー。趣味別に異性を探すことができる。
[star rating=”4.5″] 口コミを見る

趣味別の入口から異性を探すことができるのが特徴。ほぼ顔だけの選択になりがちなので、プロフ写真の選択が最重要ポイント!

少しの気遣いで返信率は格段にアップ!

以上、ネット恋愛で女性から返信を貰いやすいメッセージの書き方の紹介でした。

上記のコツをおさえてメッセージを送れば、格段に返信率や友好度は上げることができますよ。

これからネット恋愛に踏み込もうという人も、マッチング率の悪さに悩んでいた人もぜひ試してみてください。