ママ活とは?募集方法と注意点を徹底解説

ママ活とは?

「ママ活」という言葉を聞いたことがありますか?

「パパ活」は近頃有名になってきたワードですが、ママ活の知名度はまだまだです。

なんとなく語感から意味はわかるでしょうが、実際にママ活は可能なのか?

この記事ではそんな気になるママ活の実態を詳しく解説します。

マスター

ママ活は最近雑誌で特集されたりと、一部から注目されています。

とは言え、本当に実現可能なのか?というと正直疑問符がつきます。

私自身経験者の立場で語ることができないので、情報を集めてお伝えすることしかできないのが悔しいですね。

ジュン

ママ活って、イメージ的にマスターより僕の方が可能性高そうじゃないですか?

30歳で大人の男のマスターより、20代の頼りない僕の方がかわいいと思ってもらえそうですよね!

ママ活とは?

ママ活とは、女性とデートをしてお小遣いをもらう活動のことです。

簡単に言うと、パパ活の男バージョンですね。

基本的には「年下男性×年上女性」という構図で、内容は女性側の要望により様々です。

報酬はお金とは限らず、食事奢り+物を買ってもらうなど、様々な形態があるようです。

女性とデートをして見返りを貰える割のいいバイトとして、若い男性の間で人気が出ています。

ママ活ってどんなことするの?

ママ活の内容はパパ活とほぼ一緒です。

食事やドライブ、買い物に付き合ったりと、健全なデートをするのが普通です。

ネットリサーチした結果、基本的に体の関係はナシという証言が多く見られました。

女性は若い男性とデートをし、癒しを得ることが一番の目的なのです。

ママ活の「ママ」側の女性からすると、以下のようなメリットがあります。

ママ側のメリット
  • ホストより安上がり
  • ホストと違って好青年風のイケメンにもてなしてもらえる

「女性がお金を払ってもてなしてもらう」という意味で、ホストと比較する意見が多かったです。

実際ホストにはまった経験があるママも多く、素人の初々しさが残るホストを求めているように感じました。

ただし、一部には「若い男の子を喜ばせたい」「若い男の子に甘えてほしい」というママも少数ですが存在します。

マスター

ママ活は「男子側がもてなす」ということを忘れないでください。

素人風ホストと考えれば、女性への気遣いや疑似恋愛の演出など、男性側の工夫も必要になりそうですよね。

ジュン

ちょっとイメージと違ったなあ。

ただただママに甘えればいいと思ってたけど、そういうのは少数派なんですね。

ママ活の実例

twitterでママ活と検索すると、実際にママ活している若い男性のツイートが散見されます。

でもパパ活と比べるとまだまだ少ないですし、一部界隈で話題になっている程度の印象です。

また、実際にママ活経験のある男子大学生のインタビューなんかもネットメディアに取り上げられています。

ーーママ活を始めたきっかけとは?

梓:特に、ママ活を意識して始めたのではありません。なんかいつの間にかお小遣いをもらえるようになっていて、今思えばあれはママ活だな、みたいな。
  ママ活をやっていたのは19のころ。今はやってませんよ。

ーー最初はどこでママと知り合ったのですか?

梓:マッチングアプリです!

ーーなるほど。出会えるもんなんですね。歳はいくつでした?

梓:歳は確か30代後半! バツイチで出会ったころは独りだったみたいです。

ーーたしか19のころママ活をやっていたんですよね。30代後半だとしたら最低でも15歳以上は離れているわけですか。抵抗はなかった?

梓:普通に綺麗なおばさんでしたよ!

ーーママとの契約とかあるんですか? ぶっちゃけ月にどの位もらえる?

梓:最初言ったように契約とかではなく、なんとなくお小遣いをもらうようになっていました。月ですか? 月というか会うたびに大体2〜3万もらってました。
  だいたいママ活の収入は月に10万いくかいかないくらい。

ーーみんなそのくらいもらってるんでしょうか!?

梓:他の子はどのくらいもらっているのかは分からないけれど……おそらく1人のママに対する相場はこのくらい。ママ活で生計をたててるひとは同じようなことを1人ににではなく、何人にもしているのではないでしょうか。

ーーなるほど。たしかに同じような感じでママが3人いたら生活していけないことはないですね。あと、一回会うたびにやっぱりホテルとか行くんですか?

梓:そうですね~、やっぱりそうなりますよね。あと最初はそうでもなかったのに、付き合いが長くなるほど求められましたね。

menjoyより引用

ーーママ活を始めたきっかけは?

翔:上京して、友達もできず、寂しくて承認欲求を満たすために始めました。
  18歳の時から始めて今は3人目です。上は30代くらいから、今のママは24歳です。

ーー結構若いですね。今彼女はいますか?

翔:そうですね。彼女はいますが遠距離で……。それで寂しくてママ活をしているのも理由の一つです。

ーー歴代、今のママとはどこで知り合ったのですか?

翔:マッチングアプリですね。

ーーなるほど。SNSの時代ですからね。ママのプライベートとかは知っていますか。

翔:はい。今のママも今までのママもみんな、僕に仕事の愚痴やらプライベートのことを話してくれました。あ、あと今のママは僕とは別に彼氏さんがいるみたいですよ。

ーーほんとですか! ママもママで割り切っているんですかね?

翔:いやー、たまに彼女ヅラしてきますけどね。

ーーママとの契約はありました? 月にどのくらいもらえるんですか?

翔:契約とかはありませんよ。お金もそんなにもらってません。お金というか食事代は全部向こう持ち、物をよく買ってもらいます。まぁ、たまにお小遣いで少しもらっていたくらいかな。

ーー少しというのはどのくらいですか?

翔:月に2回ほどあって、しかも毎回ではなく1万くらい。なのでこれで生計をたてようとは思ってないですね。あと、そもそもお金に困ってママ活をやり始めたのではなく、寂しさを紛らわすために始めたものなので。

ーーなるほど。ご飯代が浮いてラッキーみたいなものかな?

翔:そうですね。一応バイトもしていますし。あ、てか僕、ママとは体の関係一切ありませんよ!

ーーえっ!? 求められたりしない?

翔:そうですね、一度そんな雰囲気になったことはありましたが、こっちがそんな気分になれなかったのと、そんなにエッチが好きなわけでもないのでママたちには童貞のフリをたまにしたりします。

Menjoyより引用

実際にママ活してる人いるんですねえ、まあお互いにメリットがあるならいいんじゃないでしょうか。

マスター

二人ともマッチングアプリで出会ったんですね。

後で詳しく説明しますが、twitterでママを探すのは絶対に避けたほうがいいですよ。

twitterは手軽ですがリスクも大きいです。例えママ活専用アカウントで活動するとしても、写真を晒されるリスクがありますからね。

ジュン

うーん、体験談聞くとなぜか腹立つ…。

ママ側の実例

ママ側もtwitterでチラホラ見つけることができました。

ただし、大々的にtwitterで募集をかけている女性はあまり見ませんね。

上記の女性もマッチングアプリでママ活相手を探しているとのことです。

マスター

twitterで募集すると、冷やかしの男性に釣られて顔写真を晒される恐れもありますからね。

まともな感覚の方ならオープンなSNSで募集はしないでしょう。

ジュン

てことは、やっぱりマッチングアプリで探すのが一番なんですね。

ママ活相手はどこで探す?

体験談を見てもわかるように、ママ活はマッチングアプリや出会い系サイトで探すのが一般的です。

twitterで話題になることが多いママ活ですが、下手すると運営に垢BANされる可能性があるためtwitterでの募集は避けたほうが良いでしょう。

またこれもtwitterで良く見る失敗例ですが、普通の熟女のアカウントに「ママ活したいです!」と特攻して、晒されている大学生多数です。

ママ活募集していない女性にとっては侮辱と取られても仕方ないので、マッチングアプリで目的が合う女性を探したほうが安全です。

マスター

ママ活の相手となる男性側も、ママ同様リスクを抱えていることを忘れないようにしましょう。

上にも書いたように、twitterで晒されている男子大学生が数多く見られました。

ジュン

twitterと違ってマッチングアプリなら晒す手段がないですし、確かに安全ですね!

ママ活募集しやすいサイト

マッチングアプリで募集するべきと何度か説明してきましたが、ママ活募集に向いているサイトとそうでないサイトが存在します。

サイト選びを間違えてしまうと、途端に出会いの難易度が上がるため慎重に選びましょう。

私が考える、ママ活がしやすいマッチングアプリは次の特徴を満たしているサイトです。

ママ活募集しやすいサイト
  • 会員数が多い
  • 年齢層が幅広い
  • 匿名性が高い

ママ活自体がマイナーであるため、会員数が多くなければ同じ目的の相手は探せないでしょう。

また、年が離れた男女の出会いになるので、「大学生がメイン」だったり「中高年がメイン」のようなサイトは使えません。

加えてママ活は、実名で声高に募集するのは気が引けるでしょうから、匿名性の高いサイトの方が向いていると言えます。

結論としては、これら3つの要素を兼ね備えたサイトを選ぶのが一番だということです。

マスター

大手運営のサイトでも会員数が多いとは限りませんし、イメージで選ばないように注意しましょう。

また、匿名性が高いサイトでないと、わざわざマッチングアプリを選んだ意味がありませんよね。

ママ活おすすめサイト3選

上に挙げた条件を満たすサイトを3つ紹介します。

出会いやすさと会員数で言うとハッピーメールが一番ですが、キーワード検索できないのが難点です。

「ママ活」でキーワード検索してママ活OKの女性を抽出できればそれが一番手っ取り早いですからね。

そういう意味ではややアダルト色が強くキーワード検索もできるPCMAXの方が相手を探しやすいかもしれません。

登録は無料ですし、男性も登録+年齢確認で無料ポイントが付与されるので気軽に登録してみましょう!

サイト名 年齢層 特徴 公式
PCMAX 10~40代 アダルト系の出会いを求める人が多い。
会員数は文句なく、裏プロフなど独自機能充実
公式サイト
ハッピーメール 10~40代 日本最大の出会い系サイト。
会員数No1なのでどんな目的にも使える
公式サイト
ワクワクメール 10~40代 20年近い歴史を持つ老舗サイト。ハッピーメールと似ているが会員数で見劣り 公式サイト

PCMAXを徹底レビュー。使い込んでわかった長所と短所とは?

2018.03.15

ワクワクメールの口コミや評判は?サクラはいる?徹底解説

2018.02.18

ハッピーメールの評判ぶった斬り!業者だらけだが登録の価値あり!

2018.02.17

ママ活を実現させるためのポイント

そんなママ活ですが、何の対策も無しにママを満足させることはできません。

ママが求める要素をしっかりと把握しておかないと、継続した関係を求められることはないでしょう。

ママ活を成功させるためのポイントとして、次の3つが挙げられます。

ママ活実現のポイント
  • 謙遜はNG。自分の魅力を最大限アピール!
  • お金目的であることは絶対に言わない
  • エロ的な誘い方は絶対にNG

ママ活の目的をはき違えた男性が非常に多いというママ側の嘆きの声を目にする機会が多かったので、ポイントをしっかり押さえておいてください。

謙遜はNG

まず、ママ活はあなたがホスト代わりになって女性を癒すということを忘れてはなりません。

そこに女性がメリットを感じるからママ活が成り立つのです。

年下男子のダメなかわいさに癒しを求める女性もいるとは思いますが、だとしてもダメっぷりを最初からアピールする必要はありません。

出会い系サイトのプロフではできるだけマイナス面は書かず、あなたの魅力を最大限アピールするように努めましょう。

マスター

ダメな年下への愛情というのは、実際に仲が深まってからであれば有効なこともあるでしょう。

しかし、最初からダメっぷりをアピールする姿勢は間違いですよ。

ジュン

そうなんですね、僕完全に履き違えてました。

ママ側の意見をネットリサーチしたところ、僕のような考えの男子にダメ出しをするママが多かったです!

お金目的は隠す

「お金がないのでママ募集です」

この一言は、男女どちらにとっても何のメリットもありません。

女性は癒しを求めているだけであり、お金がない男子の援助をしたいわけではありません。

自分の欲求が先走って本質を忘れないように注意しましょう。

それにお金の話をすると女性は現実に引き戻され、癒しを得ることができなくなります。

ママ活も恋愛と一緒、相手を思いやる気持ちを持たなければなりません。

マスター

これは基本ですよ、女性は性欲を満たせれば満足の男性とは違うのです。

ジュン

お金目的でママ活してる大学生はtwitterでいっぱい晒されてましたしね。。。

エロ目的は絶対NG

「童貞奪って欲しくてママ活してます」

これもママ活の趣旨を完全に履き違えています。

ママ活はあなたがホスト側の立場で女性をもてなすのであって、女性にもてなしてもらうわけではありません。

それに最初からアダルト目的全開で来られると、もし同じ目的であったとしても女性は引きます。

ですからエロ目的は絶対に表に出さないように気をつけましょう。

マスター

このアプローチをする男子がかなり多いらしく、ママは辟易していましたよ。

「ママ活してるママは若い男とヤリたいんだろ?」などという上から目線はもってのほかです。

ジュン

ママ側はアダルト系の付き合いを求めていない人が多いみたいです!

ママ活の注意点

お金をもらって体の関係を持つ行為は、売春防止法で禁止されています。

実際のところ体の関係アリのママ活体験談もよく目にするのが実情ですが、リスク回避のため避けたほうが無難です。

売春防止法は罰則規定がないため「逮捕されることはないんでしょ?」という意見もありますが、私は決してオススメしません。

ママ活に挑んでみよう

いかがだったでしょうか。

女性が男性にお金を払ってデートをしてもらうママ活。

相手を探すのには苦労するかもしれませんが、見つけてしまえば学生にとってはいいバイトになるでしょう。

ただしあくまで女性をもてなす姿勢を忘れずに!

自信がある男性はぜひ出会い系サイトやマッチングアプリを使って、ママ活希望している女性を探してみてください。