ネット恋愛で女性から好かれやすい男性とは?5つの特徴と注意点

ネット恋愛で女性に好かれる男の特徴

ネット恋愛を始めたはいいけど女性ウケが悪い、メッセージがすぐに途絶えてしまう、という悩みを抱えている人もいるのではないでしょうか。

ネット恋愛で女性ウケを良くするためには、ネット恋愛特有のコツがあるのです。それを知らなければ、いつまでたっても女性ウケを獲得することはできません。

この記事では、ネット恋愛で女性から好かれやすい男性の特徴と注意点について詳しく解説します。

ネット恋愛で女性から好かれやすい男性5つの特徴

ネット恋愛で女性から好かれる男性には、次の5つの特徴が見られます。

  1. プロフィールと投稿文をしっかり書いている
  2. プロフ画像に顔がはっきり分かる写真を載せている
  3. メールの返信が短文すぎない
  4. 相手に興味を持っているとさり気なくアピールできる
  5. すぐ会おうとせず、ベストなタイミングでデートに誘える

全てネット恋愛をする上では基本的なことなので、しっかり押さえておきましょう。

①プロフィールと投稿文をしっかり書いている

ネット恋愛で好かれやすい男性の特徴その1は、プロフィールの自己紹介と投稿文をしっかり書いていることです。

載っている情報が多ければ多いほど、女性はこの人とやり取りしたら楽しいかどうか判断しやすくなるからです。

プロフに挙げた嗜好が全く合っていない場合コンタクトが減るのではないか? と心配する人もいるかもしれません。

ですが空欄に近いものぐさなプロフィールよりも、しっかり書き込まれていれば「この人についてもっと知ってみたいな」と思われる可能性があります。

それに、内容を詳細に書くことによって自分と共通点の多い人の目にも留まりやすくなる効果もあります。

さらに言えば、ネット恋愛の強みの1つにキーワード検索があります。

趣味やどんな相手を希望しているのかを本文に盛り込んでおけば、そのキーワードで検索して興味を持った人がコンタクトを送ってくることも期待できますよね。

ネット恋愛をするうえで、プロフィールを充実させることの大切さが分かっていただけたのではないでしょうか。

プロフィールは長すぎるのも問題

プロフと投稿文はしっかり書くのがオススメですが、あまりにも長文過ぎるものや無駄が多いものはNGです。

面倒な人、必死さが滲み出ていてイタい人と思われてコンタクトが減る可能性が高いからです。

必要な情報を簡潔に記載することを心がけましょう。最近はほとんどの恋活アプリにプロフィールのテンプレートが準備されていますので、それを利用するのが最も無難です。

②プロフ画像に顔がはっきり分かる写真を載せている

ネット恋愛で好かれやすい男性の特徴その2は、プロフ画像に顔がはっきりわかる写真を載せている点です。

顔写真を載せるとなると、つい自分を良く見せようと、プリクラや加工しまくりの盛った写真を使いたくなる気持ちもわかります。

10代のうちならそうした写真でもいいですが、20代以降で本命の出会いを探したい場合は自然な写りの写真の方が好印象です。

飾らない自然な雰囲気をしている男性は、女性からのウケがかなりいいです。

一方自然な感じの写真は地味で無難過ぎる印象を与える可能性はありますが、先入観によるマイナスイメージを持たれることは殆どないというメリットもあります。

プロフ写真で趣味をアピールすれば一石二鳥!

普通の写真では面白みがない、他の男と差別化できないのではないか? と思う人もいるでしょう。

そんな方は、サブの写真に趣味をアピールできる写真を載せておきましょう。

スポーツが趣味の方はスポーツ中の写真、カメラが趣味の方はカメラをぶら下げている時の写真など、共通の趣味を持った女性の興味を引ける写真があればベストです。

あなたが写っている写真がベストですが、好きな本や好きなCDのジャケット、漫画などを載せるだけでも十分効果は見込めるでしょう。

③メールの返信が短文すぎない

ネット恋愛で好かれやすい男性の特徴その3は、短文過ぎる返信をしないことです。

短文の返信は、テキトーに扱われている感じがする、楽しくない、返信に困ると思われやすく女性ウケが良くありません。

楽しくなかったり返信に困るメッセージだと、読んで返信を考えているうちに面倒くさくなったり「どうして私はこんなつまらない相手とやり取りしているんだろう」と思われたりして返信率がガクンと下がります。

もしあなたがメッセージはただの情報伝達の手段に過ぎないと考えているなら、ネット恋愛に向いていないのでリアルでの出会い狙いに切り替えた方がいいです。

ネット恋愛はまずは文字によるコミュニケーションで「この人は感じが良い」「もっと仲良くなりたい」と思わせる必要があります。

なので相手が返信しやすいように工夫してメッセージを送れる人は、自然と女性ウケも良くなるのです。

短文の返信に思い当たる節のある人は普段の文章に1,2文を加えたり、困った時は疑問文に頼ることで素っ気ない印象を改善することができます。

いくらがんばっても会話が盛り上がらない時は?

こちらからいくらがんばって話題を振っても、女性の返信がそっけなかったり、超短文で返ってくることもあるでしょう。

そんな時は自分を責めてしまいがちですが、ある意味仕方のない部分もあります。

相手の女性にとって、あなたは大勢メッセージをやり取りしてるうちの一人かもしれませんし、そもそもあなたにあまり興味を持っていない可能性もあります。

また、誰に対してもメッセージが短文な人である可能性も考えられますよね。

もちろんあなた自身に改善できる点が見つかれば改善すべきですが、あまり悩みすぎるのも良くないと思います。

④相手に興味を持っているとさり気なくアピールできる

ネット恋愛で好かれやすい男性の特徴その4は、相手に興味を持っているとアピールすることです。

自分の話をして相手に理解されることも大切ですが、同じくらい相手のことを理解しようとする姿勢も必要です。

たまに、自分の話に夢中になって全く女性の話を聞いていない人を見かけます。

女性が何か話してもそれと全く関係のない話を始めたり、何でも自分に絡めて話を強引に歪めてきたりです。

ずっとそのような姿勢でいられたら、「私に全く興味がないのだろう」「仲良くする気がないんだな」と多くの人は思うことでしょう。

男性としても、相手の女性がこちらの話に完全に無関心だとつまらないですよね。

女性の心を掴みたいのなら、相手に興味を持っていることをアピールするのが大変有効です。

今相手が話していることについて聞いてみたり、「もっと2人で話したいから気軽に連絡して」といったフレーズがあると、こちらが女性に興味を抱いていることが伝わり友好的な関係を築きやすくなります。

直接的なアピールは避けた方が無難

いくらアピールが大事と言っても、会ったこともない相手にいきなり「好き」とアピールしたり「かわいい」を連呼したりするのはやめましょう。

そういった台詞を簡単に使う人は、女性からすると軽く見えたり「誰にでも言ってるんだろうな」と思えてしまいます。

「かわいい」と一度言うくらいなら問題ないですが、相手はまだ会ったこともない相手です。過度な期待をせず、あなたも冷静に接した方がいい結果が見込めるでしょう。

⑤すぐ会おうとせず、ベストなタイミングでデートに誘える

ネット恋愛では、女性をデートに誘うタイミングも女性に好かれるための重要なポイントです。

男性の中にはメッセージ2、3通目でデートに誘ってくる人が多いのですが、まだお互いのことをほとんど知らない状態でデートに誘われても、女性は恐怖心が勝ってしまいます。

メッセージ1通目で誘うなんてもってのほかです。急がば回れ、女性とのデートを実現したいのであれば、一人ひとりじっくりと攻めた方が結果として近道です。

じっくり行き過ぎるのも問題

あまりにも早いデートのお誘いは断られる可能性が高いですが、その一方で慎重に攻めすぎるのも問題です。

女性からすると「この人会うつもりないのかな?」と疑心暗鬼になりますし、その間に別の男性から誘いが来てしまえばあなたから乗り換える人もいることでしょう。

そもそもアプリ内のメッセージをだらだらと続けてもお互いに得るものは少ないはずです。

ベストなタイミングは難しいですが、女性と打ち解けてきたなと思ったらデートに誘ってみるのが良いでしょう。

5つの特徴を押さえて「ネット恋愛モテ男子」を目指そう

以上、ネット恋愛で好かれやすい男性の5つの特徴とその注意点について解説してきました。

最後にもう一度、5つの特徴を振り返ってみましょう。

  1. プロフィールと投稿文をしっかり書いている
  2. プロフ画像に顔がはっきり分かる写真を載せている
  3. メールの返信が短文すぎない
  4. 相手に興味を持っているとさり気なくアピールできる
  5. すぐ会おうとせず、ベストなタイミングでデートに誘える

上記のことを意識して実践すれば、ネット恋愛をやっているけど結果が芳しくない、メッセージをいつもブチられるというような悩みは改善できる可能性が高いです。

ネット恋愛でもっと女性ウケを狙いたいという人はぜひ試してみてください。

あなたがネット恋愛で素敵な彼女と出会えることを願っています!