男は顔じゃないは本当?ブサイクでもモテる方法はある?

男は顔じゃないって本当?

「人の魅力は顔じゃないよ!」

よく聞く言葉ではありますが、顔がイマイチ(クラスにいた女子の中で下から数えた方が早い顔面レベル)の私からすると、やっぱり顔は大切だよなと思ってしまいます。

顔の良い人の方が確実に得していると思うんですよ。
もちろん、顔が良いことで苦労もあると思いますが、少なくとも恋愛面で相手に困ることは少ないでしょう。

でも実は、私の友達には私と同じ顔面レベルで、女性からモテている男性がいます。

今回は、そんな友達のことを観察して分かった「ブサイクでもモテる方法」などをまとめました。

顔に自信がないけど恋愛したい。
そう感じている方は、ぜひご参考ください。

顔がイマイチ付き合うことはできますが不特定多数にモテるのは難しい

まず大前提として、顔がイマイチだと「不特定多数からモテる」ことはかなり難しいでしょう。

なぜなら多くの異性からモテるためには、ある程度のルックスが求められるからです。

みんな好きなタイプの話をする時に、性格や身長などの話を出しますよね。

しかしこれはあくまでも「(顔が最低限嫌いな感じじゃなくて)性格が良い人」という、最低限度の顔レベルをクリアできていること前提の話になります。

悲しいことですが、顔がイマイチだと、たくさんの人からモテるのは難しいです。

そもそも超モテる男性はほんの一握りしかいない

しかし、悲しむことはありません。
そもそも超モテる男性なんていうのは、ほんのひと握りしかいないのです。

誰もが振り返るようなイケメンなんて、ほとんどいません。

それこそ芸能人レベルじゃないと難しいでしょう。

では、モテている男性はなぜモテるのか。
これは、モテるためにそれ相応の努力をしているから、モテているのです。

髪型やファッションにこだわる、スキンケアに力を入れている、体を鍛えているなど。

モテる男性というのは、自分を磨くための努力を日頃から積み重ねているからモテるのです。

顔に自信がない人は「特定の誰かに求められる」を目指す

では顔がイマイチな男性には恋愛は難しいのかと言うと、それも違います。
顔がイマイチな男性でも、恋人がいる人はたくさんいますからね。

顔に自信がない人は、不特定多数から求められる自分ではなく、「特定の誰かに求められる」自分を目指しましょう。

つまり、多くの人にモテるよりも、狙っている人にモテることを考えるのです。

女性は男性が思っている以上に好みの幅が広く、顔はあまり重視しない人もいらっしゃいます。
街中で美女と野獣なカップルを見かけたことはありませんか?
あれは、顔以外の部分で女性を惹き付けることが出来たから成立しているのです。

もしあなたが顔に自信がないのなら、顔以外の要素で勝負できるところを作ってください。

要素は何でも構いません。
会話、仕事、筋肉、安心感など、戦える武器はたくさんあります。

複数の武器を持てば、顔がイマイチでも好意を持ってくれる女性が現れる可能性が高まりますよ。

それでもモテたい!顔に自信がない男性がモテるための方法

特定の女性を狙った方が良いと言っても、たくさんの女性からモテたい男性もいらっしゃるでしょう。

では、顔に自信がない男性がモテるためにはどうすればいいのか。

私の友人で、顔がブサイクだけど恋愛経験豊富な男性の意見を交えつつ、解説していきます。

1.まずは努力で改善できる部分を何とかする

まず大切なのは、自分の努力次第で改善できる部分は何とかすることです。

一番大きいのは体型。
顔がイマイチでも、今人気の細身でスラッとした体型になれば、女性をドキッとさせることはできます。

他にもファッションや髪型なども重要な要素ですね。

正直、男性は女性よりも髪型のレパートリーが限られてしまいます。
その分、選ぶ髪型次第で印象は大きく変わってしまうと心がけた方が良いでしょう。

ファッション・髪型を磨くコツは、プロの力を借りるのが一番確実です。

お店や美容院に行って、直接アドバイスをもらいながら改善に取り組んでみてください。

見た目が整い出すと、自信が持てるようになって、そこから女性の目も変わってきたりしますよ。

2.トークスキルを磨いて自分からアプローチする

私のモテるブサイクな友人は、女性からのアプローチを待ったりしません。

街中でも仕事中でも、自分が気になる!と思った女性には自分から声をかけに行きます。

彼いわく「だって自分の見た目的に、待っていても声がかかることはないじゃないですか!出会いが欲しかったら自分から声かけていかないと!」という肉食っぷり。

しかし、これはかなり重要な要素だと思います。

恋愛になると、誰もが「もし嫌がられたら」「フラれたら」とネガティブな気持ちに支配されて、行動力が落ちる傾向が強いです。

そんな中で、自ら声をかけていくことができれば、それだけで周りとの差別化につながりますよね。

顔がイマイチだから自信がない。
そんな男性こそ、女性に慣れて、たくさん会話することが重要なのです。

女性と数多く接することで自然に気遣いができるようになり、トークスキルも上がります。

そうすれば、そのトークスキルは自分の立派な武器になってくれますよ。

3.女性との出会いを増やす

女性に自分からアプローチをするためにも、出会いの数は非常に重要です。

「あなたは今、十分な数の出会いがあると思いますか?」
こう聞かれてはい!と即答できる人は少ないでしょう。

会社と家の往復で相手ができない場合は、自分から出会いを探しに出かけないといけません。
待っていても、その環境が変わらない限り出会いがないのですから。

女性との出会いを増やすためには、合コンや友達の紹介など、様々な方法があります。

共通の趣味を持った女性と出会いたいのなら、オフ会に参加したり、新しい趣味を始めるのも効果的ですね。

ちなみに、私は同じゲームが好きな男性(お世辞にも男前ではない)と、交際していた経験があります。

やはり共通した趣味がある男性とは、会話も盛り上がりやすく、進展が早いです。

あとは、手軽に出会いが増やせる「恋活アプリ」もおすすめ。

恋活アプリでは、お互いが好きな趣味などでマッチングすることも可能。
しかも、全国から多くの女性会員が登録しているので、顔を重要視していない方もたくさんいます。

「趣味が同じ人が良い」
「筋肉質な男性が良い」
「高年収な人が良い」

など、それぞれ求めている相手が違うので、あなたとマッチングする女性も見つけやすいと思いますよ。

スマホ1台ですきま時間にも使えるので、忙しい社会人の方にもおすすめします。

ブサイクだと悩んでいる男性は戦うフィールドを変える

私もそうですが、見た目がイマイチな人達が、イケメン・美女と同じフィールドで出会いを求めるのは厳しいです。

ルックスが重要視される「ナンパ」などでは、なかなか成果が出ないでしょう。

ルックスに自信がないのなら、戦うフィールドを変えることを意識してください。

見た目よりも内面が評価されやすい「友人からの紹介」や、「習い事」など。
自分の魅力をどこだったら伝えやすいか、考えて出会いを探してみましょう。

会員数が多く、出会いがたくさんある「恋活アプリ」でも、共通の趣味などから仲良くなることが可能です。

戦うフィールドを変えて、素敵な恋愛をゲットしてください。

見た目に自信がなくても恋を楽しむことはできる

今回は、顔がイマイチな男性の恋愛について、解説してきました。

私の友人のように、見た目がイマイチでも女性からある程度モテることはできます。

しかし、イケメンのように不特定多数からたくさんモテるのは、かなり難しいでしょう。

見た目に自信がない人は、ルックス以外の勝負できる武器を作って、自分の戦うべきフィールドを見つけ出してみてください。

そうすれば、特定の誰かからモテることは、十分に可能ですよ。