出会い系のサクラ見極め完全マニュアル。これだけ読めば怖くない!

もう、サクラにはだまされない。

出会いが欲しいけど、出会い系サイトはちょっと・・・というあなた。

躊躇してしまう一番の理由はわかります。

「出会い系ってサクラだらけなんでしょ?」

この記事では、あなたのそんな不安を取り除くべく、サクラについて徹底解説します。

加えて現代の出会い系サイトにおいて危険な存在である、業者の見分け方も合わせて解説します。

マスター

出会い系サイトのイメージが悪いのは、サクラによるところが大きいのではないでしょうか。

出会い系でいい思いをしてきた身としては、歯がゆい思いでいっぱいです。

ジュン

サクラの見分け方は意外なほど簡単です!

この記事を読んで不安を取り除いてくださいね。

出会い系のサクラとは?

最初に出会い系のサクラの定義を説明します。

サクラの定義
  1. 出会い系の運営会社が雇ったバイトである
  2. 女性会員の振りをしているが、中身は全くの別人である
  3. 会員にポイントを消費させることを目的としている

これが出会い系のサクラの典型的なパターンです。

出会い系の運営会社が雇ったバイトである

サクラ詐欺サイトの仕組み

まず知っておかなければならないのは、サクラは出会い系サイトの運営が雇っているバイトです。

外注しているケースもあるようですが、運営の意思でサクラ行為をしていることに変わりありません。

要するにサクラがいるサイトとは、そもそもが会員を騙して儲けるために作られたサイトということです。

女性会員の振りをしているが、中身は全くの別人である

サイト上では美女の写真を載せ、若い女性のプロフィールを設定していても、中身は全くの別人です。

バイトが成り済ましてメールの相手をするシステムなので当然ですね。

会員にポイントを消費させることを目的としている

繰り返しになりますが、サクラを雇っているサイトは会員を騙して儲けるために作られたサイトです。

美女に成り済まして思わせぶりな態度でメールをしてくるのも、全ては会員を騙してポイントを消費させるためです。

サクラを雇っている悪質な出会い系サイトは超高額なポイント制の料金設定であることが普通なので、メール1通につき数百円もの料金が発生します。

出会い系のサクラと「業者」は違う!

優良サイトに潜む業者

ちなみによく混同されますが、出会い系サイトにおけるサクラと業者は全くの別物です。

サクラの定義は今説明した通りですが、業者はその出会い系サイトとは無関係の悪質な業者です。

悪質な業者とは「デリヘル業者」「援助交際グループ」「他の悪質出会い系サイト」「アドレスやLINE IDの収集業者」など様々です。

どちらも有害である点は同じですが、サイト自体に悪意があるかどうかという点で大きく違います。

この記事ではサクラの見分け方を中心に解説しますので、業者について詳しく知りたい方は次の記事を参考にしてください。

ハッピーメールで業者に騙されない!3つのポイントで出会いを量産

2018.01.15

出会い系のサクラと「キャッシュバッカー」は違う!

こちらも混同されることが多いのですが、出会い系サイトにおけるサクラとキャッシュバッカーは全くの別物です。

そもそもキャッシュバッカーってなに?という方も多いと思うので説明すると

出会い系サイトの女性限定キャッシュバック制度を悪用する「一般女性会員」のことをキャッシュバッカーと呼ぶ。

サクラと違い普通の女性だが、出会えることはない。

女性会員の獲得とサイト内で活発に活動してもらうためのキャッシュバック制度ですが、それを悪用する女性が増加。

出会えることは無いうえにサイト内でメールを引き伸ばそうとしてくるため、男性会員にとっては有害そのものです。

ただしこのキャッシュバッカー、現在では単価が相当下げられるなどの対策が取られ、とても副業として成立するような単価ではなくなりました。

現在ではほぼ絶滅状態と言えますが、依然高単価のサイトも少数存在するため引き続き注意が必要です。

出会い系サイトにおけるキャッシュバッカーとは?徹底解説!

2018.02.09

サクラ詐欺サイトに勧誘する手法

サクラ詐欺サイトは様々な方法で勧誘活動を行っています。

あなたが精神的に弱っている時に、甘い言葉の勧誘についつい乗ってしまう可能性も無いとは言い切れません。

サクラ詐欺サイトの勧誘手法を知っていればそんな心配をする必要もありませんので、頭に入れておくようにしましょう。

サクラ詐欺サイトの勧誘手法
  • 他の出会い系サイトの女性会員への成りすまし
  • 迷惑メール
  • SNSのダイレクトメッセージ
  • 在宅アルバイト詐欺
  • 懸賞サイト、占いサイト等に登録した後に届くメール

他の出会い系サイトの女性会員への成りすまし

ハッピーメールやワクワクメールなどの有名出会い系サイトには、悪質な詐欺サイトのサクラが潜入しています。

そのほとんどが美女の写真を設定し、アダルト的な要素を含んだメールや、お金を援助したいといった美味しい話を持ちかけ、アドレス交換を求めてきます。

そして直接連絡に移行後、「スマホが壊れたから」などと様々な理由をつけて詐欺サイトに誘導しようとしてくるのです。

迷惑メール・SNSのDM

古くからある手法で、メールアドレスやSNSのダイレクトメッセージ経由で勧誘しようとするものです。

芸能人を装ったメールが届いたり、お金を受け取ってほしい等のメールが届いたら詐欺サイトを疑ってください。

また、突然知らない出会い系サイトからメールが届くケースもあります。

迷惑メールだからと「メールの配信停止」というリンクを踏まないよう注意してください。

そこからメールアドレスが流出し、数多くの詐欺サイトから請求が届くようになってしまいます。

在宅アルバイト詐欺

表向きは副業サイトを謳っていて、実はサクラ詐欺サイトだったという事例も多く見られます。

SNSの広告や迷惑メールで勧誘を行っていて、最初は「相手の相談に乗るだけで報酬を受け取れる」「異性と1日数回メールするだけで簡単に稼げる」などとおいしい宣伝文句で会員登録を促します。

うっかり登録してしまうと、登録料やシステム料などと様々な名目で前金を請求されます。

肝心のアルバイト報酬も当然支払われることはありません。

懸賞サイト、占いサイト等に登録した後に届くメール

無料の占いサイトや懸賞サイトに登録すると、勝手に出会い系サイトにも登録されてしまうというケースがあります。

その出会い系サイトは詐欺サイトであり、退会しようとすると「退会料」という名目でお金を請求されます。

大抵の場合、懸賞サイトや占いサイトの利用規約に目立たないように「姉妹サイトにも登録されます」などと記載されており、正当性を主張してきます。

サクラ詐欺サイトに登録してしまったら?

これまで説明してきた勧誘に乗らないことが一番の防衛策なのは言うまでもありません。

しかし、もうすでに怪しいサイトに登録してしまい「怪しいけど詐欺サイトかどうか断定できない」と悩んでいる方のために、その見分け方を解説します。

請求や脅しは絶対に無視すること!

詐欺サイトにうっかり登録してしまった場合、サイト運営業者から様々な名目で料金を請求されることがあります。

先ほど少し触れましたが「登録料」「退会料」「文字化けを直す料金」など何でもありです。

あの手この手を使ってお金を支払わせようとしてきますが、これらの請求は一切無視して問題ありません。

「法的措置を取る」「暴力団から請求する」など、どんな脅し文句を言われても決して支払う必要はありません。

もしどうしようもなく不安な時は、お住まいの地域の消費者センターに相談しましょう。

消費者ホットライン188
マスター

少しでも不安を感じたら消費者センターに連絡しましょう。

大抵の問題はそれで解決するはずですよ。

ジュン

莫大なお金をつぎ込んでしまう前に!

突然の請求が来たらいったん冷静になりましょう。

サクラ詐欺サイト内のサクラの特徴

続いては、悪質出会い系サイト内でポイントを消費させようとするサクラの特徴を説明します。

これが一番オーソドックスなサクラであり、また立証が難しいパターンでもあります。

サクラの詐欺サイトの特徴
  1. 登録直後に大量のメールが届く
  2. ポイントが無くなりそうになるとメールが届く
  3. 会話が全く進展しない
  4. 芸能人の名を語ってメールしてくる
  5. やりとりを止めようとすると脅してくる

これらに共通するのは、出会い系サイト側があなたをはめ込もうとしているという点です。

うっかり登録してしまった方にあらゆる手段を使ってポイントを使わせようとするのです。

サイト自体が敵なので、これらの特徴に当てはまるサイトに登録してしまった場合、即刻退会するようにしましょう。

マスター

サイト側があなたにポイントを使わせようとする意図があるかどうかを常に意識しましょう。

そうすれば罠にはまる確率はグッと減りますよ。

登録直後に大量のメールが届く

プロフィールも設定していないのに、美女から大量のメールが届くのがサクラ詐欺サイトの特徴です。

冷静になればわかると思いますが、どこの誰かも分からない男に好意的なメールを送ってくる女性などいるはずがありません。

全てサイト内でポイントを使わせるための手法です。

マスター

ハッピーメール等の優良サイトでも似たような状況が起きることがあります。

しかしそれは「サクラ」ではなく「業者」です。

ジュン

ハピメ等の優良サイトで業者に釣られると、悪質サイトに誘導されるので注意してください!

ポイントが無くなりそうになるとメールが届く

サイト内でポイントを使い切りそうになり、「そろそろ退会しようかな」と思うと新しい美女からメールが届き、退会のタイミングを失わせる。

これもサクラ詐欺サイトの定番の手法です。

会話が全く進展しない

出会い系サイトですから当然出会うことを目的に使いますよね。

でも、サクラとどれだけやり取りをしても、すんなり進展することはありません。

できるだけサイト内でポイントを消費させるため、なんだかんだと理由を付けて会うのを拒んできます。

ポイントの無駄を理由にやりとりをやめようとすると、「私がポイント代を払うから」「信じてください」と引き止めにかかりるのも特徴の一つです。

芸能人の名を語ってメールしてくる

芸能人やそのマネージャーを語ってメールしてくるのも定番の手法です。

「今○○って番組の収録の合間なんだけど」などとそれっぽいことを言ってきますが、当然完全な嘘です。

やりとりを止めようとすると脅してくる

「メールを続けてくれないと自殺する」「メールを止めるなら私のポイント代を払って欲しい」などと不安をあおり、メールを続けようとする手法です。

当然相手は自殺することはありませんし、ポイント代を請求されることもありません。

優しい人ほど騙されやすい手法ですが、完全無視で問題ありません。

出会い系のサクラは激減した?

ここまで読んでますます出会い系に対して怖いイメージを持ってしまった方も多いでしょう。

しかし安心してください。

このタイプのサクラは、以前に比べ激減しています。

なぜサクラは激減した?
  1. 逮捕事例など、リスクの増加
  2. 利用者の目が肥えた
  3. 優良出会い系サイトやマッチングサービスの勢いに押された
  4. Google検索による排除

逮捕事例など、リスクの増加

サクラを使って会員を騙す行為は立派な詐欺罪に当たるため、発覚すれば運営会社の社長や従業員はもちろん、バイトとして雇われているサクラ自身も逮捕されるリスクがあります。

以下の2つの例はサクラ自身も逮捕された事例です。

 
アイドルグループ「AKB48」元メンバーの前田敦子さんら芸能人を装ったメールを送って出会い系サイトに誘導し、高額な利用料を請求する「サクラサイト詐欺」に関与したとして、警視庁サイバー犯罪対策課は15日、詐欺容疑で、ソフトウエア開発「フリーワールド」(東京)社長を逮捕した。容疑者は海外に逃亡していたが、外務省が1月に旅券返納命令を出しており、韓国から帰国したところを逮捕した。
引用:「サクラサイト詐欺」上位組織トップを逮捕 逃亡先から帰国 警視庁

 「サクラ」を使った虚偽の出会い系サイトで利用料をだまし取ったとされる事件で、大阪府警捜査2課は4日、サイト運営者の上田弘之被告(46)=組織犯罪処罰法違反(組織的詐欺)罪で起訴=ら3人を別のサイトにかかわる詐欺容疑で再逮捕し、グループ幹部やサクラ役の男ら9人を新たに逮捕した。

 上田容疑者らは男性会員のサクラを使って多数の女性をだましていたとされ、別サイトも合わせ、被害確認ができた平成20年以降で計約21億円を詐取していたとみられる。
引用:出会い系「サクラ」で女性だます 被害額21億円か 大阪府警、12人逮捕

10年以上前はほぼ野放し状態でしたが、最近では上記の例以外にもサクラを利用した出会い系サイトの摘発事例が相次いでいます。

運営会社にとっては大々的にサクラを募集することが事実上不可能となり、サイト運営が難しい状況になりました。

サクラにとっても自分が犯罪行為に加担するという認識が生まれ、サクラのなり手が減るのは当然の流れでしょう。

マスター

サクラのバイトをすることは、振り込め詐欺グループに加担するのと何ら変わりありませんからね。

サクラのバイトが犯罪になるということが周知徹底されていないのが気になるところですが、以前よりは確実にサクラを利用した詐欺サイトは減少していると言えるでしょう。

利用者の目が肥えた

出会い系サイトに登録するや否や、絶世の美女から猛烈なアプローチを受ける。

または、有名芸能人から突然メールが届く。

このような手口を使う悪質出会い系サイトは10年くらい前までかなりの数存在していました。

しかし私たち利用者がインターネットに慣れてくるにつれて、悪質出会い系サイトの手口を簡単に調べられるようになりました。

加えて出会い系サイトの詐欺被害に遭ったニュースをたくさん目にしたことで、無条件で信じる人がかなり減ったものと思われます。

優良出会い系サイトやマッチングサービスの勢いに押された

一昔前は会員を騙して儲けるのが出会い系サイトの手法でした。

まっとうな経営をしているサイトはハッピーメールワクワクメールなど、ほんの一部という時代。

しかしそのような手法は長く続くものではありません。

最近では本人確認を徹底し、クリーンなイメージを売りにするマッチングアプリが多数登場し、完全に時代の流れが変わりました。

Facebook連動型のPairswithなどはその代表でしょう。

これらのクリーンなサイトが人気になっていく中で、時代遅れの詐欺サイトは淘汰されていきました。

Google検索による排除

私が出会い系サイトを始めた10年ほど前は、「出会い系 オススメ」でググると悪質サイトをオススメするサイトばかりでした。

悪質サイトを運営する会社が多額の資金を投じて、自社のサイトをイチオシするサイトを上位表示させていたのです。

しかし現在、Google検索の精度が段違いに上がり、信頼できるサイトでないと上位表示されにくくなりました。

お金を投じても上位表示されなくなったのです。

悪質サイトを勧めるサイトが目につきにくくなったため、私たちが騙される危険も格段に減りました。

サクラがいない出会い系サイトの見分け方

サクラがいないサイトの特徴
  1. 警視庁の認可を受けている
  2. 運営期間が長い
  3. 上場企業が運営している
  4. 登録に手間がかかる
  5. 料金が良心的である

警視庁の認可を受けている

出会い系サイトを運営する場合、警視庁にインターネット異性紹介事業の届出を提出する必要があります。

この届出が提出されているかどうかは真っ当な出会い系サイトであるかどうかを見分ける第一歩、前提条件とも言えます。

ペアーズインターネット異性紹介事業届出

上の画像のように、大抵の出会い系サイトにはページ最下部に届出の受理番号が記載されています。

しかし問題は、届出の際にどの程度の審査がなされているかという点ですよね。

欠格事由
  1. 自己破産中の者
  2. 禁錮以上の刑、出会い系サイト規制法・児童買春等の法令違反者で、刑が執行されてから5年以内の者
  3. 最近5年間に事業停止命令等に違反した者
  4. 暴力団員又は暴力団員でなくなった日から5年以内の者
  5. 未成年者
  6. 法人で、その役員が1から4までのいずれか又は児童に該当する者

上記のいずれかに該当する人は認可を受けることができないこととなっています。

マスター

一度出会い系サイト規制法に違反しても、5年経過すればまた認可を受けることが可能になるんです。

正直、かなり規制が緩いと感じます。

したがって、この届出が提出されているかどうかは最低限の基準であり、届出が提出されている=サクラがいないということにはならない点には十分注意してください。

ジュン

届出済みでもサクラを雇っていたケースは実際にありましたし、これだけで安心するのはまだ早いです!

運営期間が長い

運営期間の長さは信頼度の一つの指標になります。

先ほど紹介したように、サクラを雇っていることが発覚すれば運営会社の関係者は逮捕されます。

そのような不祥事が無く10年、20年と運営を続けているサイトであれば、サクラはいないと信頼できるのではないでしょうか。

マスター

運営期間が長い巨大サイトであれば、サクラを雇うにしても数百人規模の雇用が必要となります。

それだけのバイトを雇えば必ず情報が漏れますからね。

ジュン

今じゃ絶対twitterとかで「あのサイトでサクラのバイトしてたぜ!」みたいに情報漏れますもんねえ。

ちなみに私がイチ押ししているハッピーメールの社長が平成27年11月に逮捕されたことが大きく報じられましたが、この逮捕は「援助交際の書き込みに対する取り締まりの甘さ」によるものです。

サクラを雇っていたため逮捕されたと誤認している人が多いようだったので、一応補足しておきます。

上場企業が運営している

上場企業だから安心という訳ではありませんが、全く無名の会社が運営しているサイトよりは格段に信頼度は上でしょう。

上場の際に厳格な監査を受ける必要があり、そこで事業内容やビジネスモデルについても違法な手法が取られていないかどうかチェックされます。

サクラを使ったビジネスモデルが疑われてしまえば、確実に上場することはできないでしょう。

東証も出会い系サイトを運営している会社を上場させることで一番のリスクはサクラの問題と捉えているでしょうから、厳しくチェックしているはずです。

マスター

繰り返しになりますがサクラは詐欺行為ですからね。

上場後に犯罪行為が発覚すれば、市場は大混乱に陥ります。

登録に手間がかかる

ここ数年で出会い系サイトを取り巻く状況は一変し、法律の整備も進んでいます。

2009年2月からは、法令により利用者の年齢が18歳以上であることの確認が義務付けられました。

従って真っ当なサイトであれば、登録の際に身分証明書による年齢確認が実施されます。

要するに、メールアドレスの登録だけで簡単に利用できてしまうサイトは法令違反なのです。

マスター

正確に言えば、登録自体はどのサイトも簡単にできます。

登録後のメールの送受信など、出会うために必要な機能は年齢確認実施後でないと使えないというサイトが多いですね。

料金が良心的である

通常出会い系サイトでメール1通にかかる料金は、50円前後がほとんどです。

サイト内のメール10通くらいでLINE交換できることが普通なので、運が良ければ500円で1人と出会うことができる訳です。

また、月額制のサイトは1ヶ月コースで3,000~5,000円と幅がありますが、その範囲内であれば真っ当なサイトと言えます。

一方悪質なサイトはメール1通当たりの料金が数百円することも珍しくありません。

先程も少し触れましたが、サクラを使ったビジネスモデルを大々的に行えば、必ずバイトから情報が漏れる時代。

と言うことは、現在もサクラを使っているサイトは小規模でコソコソ活動していることが考えられますよね。

マスター

小規模なサイトでは、メール1通当たりの料金を高額にしなければ儲けることができませんよね。

したがって常識的な料金であるかどうかも、優良サイトと詐欺サイトを見分ける材料となるのです。

サクラがいない出会い系サイト5選

「サクラがいないサイトの特徴」を満たすサイトを5つ厳選して紹介します。

その前に、サクラがいないサイトの特徴をもう一度おさらいしておきましょう。

サクラがいないサイトの特徴
  1. 警視庁の認可を受けている
  2. 運営期間が長い
  3. 上場企業が運営している
  4. 登録に手間がかかる
  5. 料金が良心的である

1位with

with

2016年サービス開始の後発組ながら急成長!心理テストや趣味趣向で相性のいい異性が一目でわかり、女性からアプローチしやすい!

  • ライトな出会い、恋活、婚活
  • 10代後半~40代
  • 男性:月2,600円(3ヶ月プラン)
    女性:完全無料
  • メンタリストDaiGo監修。心理テスト企画や豊富な趣味コミュニティでマッチングしやすいよう多くの工夫がなされている。

恋活アプリwithの評判や口コミはなぜ異常に高評価なのか?

2018.02.19

2位Pairs

Pairs

累計会員数7000万人超、日本最大の恋活サイト。コミュニティが豊富で確実に趣味が近い異性と出会える。年齢層も幅広く、40代以上も多い。

  • ライトな出会い、恋活、婚活
  • 10代後半~40代
  • 男性:月2,280円(3ヶ月プラン)
    女性:完全無料
  • 会員数の多さが一番の強み。地方在住の人でも問題なく相手をさがすことができる。

ペアーズの評判と口コミは信じるな!男女で1ヶ月ガチ利用した結果

2018.02.17

3位タップル誕生

タップル誕生

2014年サービス開始、サイバーエージェントグループ運営。共通の趣味から空き時間にササっと出会いを探せる

  • ライトな出会い、恋活
  • 10代後半~30代
  • 男性:月3,300円(3ヶ月プラン)
    女性:完全無料
  • 女性は本当に出会いやすい。男性はチャンスタイムの活用が成功のカギ。当日のデート相手を探せる新機能に注目

タップル誕生の評判を信じるのは危険!登録してからじゃ遅いぞ!

2018.03.26

4位 YYC

YYC

mixiグループ運営の老舗サイト。趣味コミュニティが豊富なので、趣味が合う異性と出会いやすい!

  • ライトな出会い、恋活、アダルト
  • 10代後半~40代
  • 男性:月3,000円(1人と出会う目安)
    女性:完全無料
  • アクティブユーザー数は多いが、やはり業者も多い。ハッピーメールと特徴がかなり似ているのでサブとして利用するのがおすすめ。

YYCを徹底レビュー。使い込んでわかった長所と短所とは?

2018.04.01

5位 ユーブライド

youbride

mixiグループ運営の老舗婚活サイト。充実したサポートで圧倒的な成婚率の高さを誇る

  • 婚活
  • 20代後半~40代
  • 男性:月2,970円(3ヶ月プラン)
    女性:月2,970円(3ヶ月プラン)
  • アクティブユーザー数は多いが、やはり業者も多い。ハッピーメールと特徴がかなり似ているのでサブとして利用するのがおすすめ。

現在の出会い系サイトに潜む業者の危険

先ほど、サクラ詐欺サイトの数がかなり減っていると説明しました。

「サクラが激減してるならもう危険はないの?」

残念ながらそういう訳ではないのです。

現在の出会い系サイトに潜む業者
  1. 悪質出会い系サイトに誘導しようとする業者
  2. LINE IDやメールアドレスなどの収集業者
  3. 援助交際を持ちかけてくるデリヘル業者

これらの業者は素人女性を装って優良サイトに紛れ込んだ悪質な業者です。

優良サイトにはたくさんの男性会員が登録しているため、そういった業者を招いてしまうのです。

こういった業者はたいていかわいい女性のプロフ写真を使い、男性会員に近づいてきます。

メールをしても損しかしないため、まんまと騙されないよう注意しましょう。

業者を見分けるポイントはこちらの記事に詳しく書きましたので参考にしてください。

ハッピーメールで業者に騙されない!3つのポイントで出会いを量産

2018.01.15

出会い系でぼったくりバー体験談!即飲みGETだぜ!と喜ぶ前に冷静に

2018.01.17

悪質出会い系サイトに誘導しようとする業者

これはこの記事で長々と説明してきたので、もう説明不要でしょう。

優良サイトに潜む業者

ハッピーメールやワクワクメールなどの老舗優良サイトに数多く潜んでおり、美女のプロフで積極的にアプローチしてきます。

騙されないためには女性からのアプローチは徹底無視するのが一番簡単な方法です。

LINE IDやメールアドレスなどの収集業者

LINEのIDやメールアドレスは詐欺業者に高値で取引されています。

こちらも美女のプロフを用いてアプローチを仕掛け、ほとんどメールしていないのにLINE交換を持ちかけてきます。

普通の出会い系サイトは女性無料なので、本来サイト外に出るメリットは無いはずです。

もっともらしい理由を付けてきますが、そんなに美味しい話があるはずがないと考えましょう。

援助交際を持ちかけてくるデリヘル業者

このタイプの業者は素人女性を装って、アダルトな内容のメールを突然送ってきます。

かわいい女性の顔写真を使っていますが、実際に会うと全くの別人が出てきます。

援デリ業者プロフ写真詐欺

そもそも、援助交際自体オススメできる行為ではないですし、ハッピーメール等の優良サイトでは規約違反です。

もしそういうメールが来たら、即刻運営に通報しましょう。

2018年最新!業者の手口

偉そうに語っている私ですが、つい最近も業者とメールアドレス交換まで進んでしまった経験があります。

私がハマってしまった手口
  1. プロフ写真がそこまでの美女ではない
  2. サイト内で5通ほどやり取りした後、Gmailへと移行
  3. Gmail移行後、別サイトへ誘導してくる

まず①、これは厄介です。

写真だけで業者か普通の子かを判断するのが難しくなってきています。

ただし②の提案を受けた時点で、8割方業者であるとの疑いを持ちました。

どういった形にしろ、相手から直接連絡することを持ちかけてきたら怪しむべきです。

大抵の出会い系サイトは女性は完全無料です。

女性からすると、サイトから移動するメリットは本来ないはずなのです。

これらを踏まえ、2018年現在の業者対策を次のようにまとめます。

業者対策まとめ
  1. 顔写真があまりにかわいい子からのアプローチは警戒!
  2. いきなりのアダルトアプローチは無視!
  3. 女性から連絡先交換を持ちかけられたら、普段使わないメールアドレスを教える
  4. 別サイトに誘導されても絶対に応じない!

この4点を守れば、業者の被害に遭うことはないはずです!

この記事は以上になります。

業者を見分ける目を養うことができれば、安全に出会いを探すことができるようになります。

ぜひこの記事を参考に、出会いを勝ち取りましょう!