恋活アプリwithを使うと、友達や家族にバレる可能性があるぞ!

with友達・家族バレ完全防止マニュアル

「Facebook連動のwithは友達や家族にバレるんじゃ?」

と不安になり、登録を躊躇してしまう方も多いと思います。

ペアーズの記事でも書きましたが、全く考え無しに使ってしまい、友達や家族にバレたという話はネット上で多く見られます。

でも安心してください。しっかり対策を立てておくことで、withで友達・家族バレの心配はなくなります。

マスター

この記事の内容をしっかり把握して、万全の「身バレ対策」を講じておきましょう。

withは現在男性1ヶ月無料キャンペーン中!

期間限定で、男性も1ヶ月無料で利用することができます。

ただし、普通にwith公式サイトに飛んでしまうと1ヶ月無料にはならないので注意してください。

withは男性も初月1ヶ月無料

上の画像の通り、「1ヶ月¥0」のマークがついているページから登録しないと無料にはなりません。

必ず下のリンクからTOPページに飛ぶように注意してください。

TOPページの「facebookではじめる」ボタンから登録を進めてください。

また、登録から24時間以内に有料会員手続きを済ませないと、1ヶ月無料にはなりません。

with1ヶ月無料会員

有料会員手続きをしても初月は無料ですし、1ヶ月以内に退会すれば料金は発生しません。

これはまたとないチャンスです!

マスター

人気の恋活アプリを男性が無料で使えるチャンスはめったにあるものではありません。

いつキャンペーンが終了してしまうか分からないので、ぜひこの機会に登録することをおすすめします。

withにおける友達・家族バレとは?

withにおいて友達・家族バレを心配するのは、次の3つのケースではないでしょうか?

  • 登録した時点でバレる?
  • with上で友達と遭遇する?
  • クレジットカード明細を見られてバレる?

登録した時点でバレる?

まず最初に不安になるのは、登録したことがfacebook上に公開されるのでは?ということではないでしょうか。

しかし安心してください。登録時にバレることはありません。

あなたが登録したことはFacebookのどこにも公開されません。

ちなみにfacebookで登録する際には、次の情報をwithに提供することになります。

  • Facebookのユーザーネーム
  • 氏名
  • 性別
  • 年齢
  • メールアドレス
  • プロフィール写真
  • その他の公開情報(生年月日、居住地、血液型、趣味・関心、友達の情報、交際ステータスなど)

許可を求める表示が出て怖くなってしまう方もいると思いますが、これは不正な登録を防ぐためや、サイト内でFacebookの友達同士が遭遇しないために必要な情報なのです。

マスター

情報を渡すことに不安を覚えるのは普通の感覚だと思います。

でも、情報を渡したことによる被害の報告は現在までありませんし、あまり警戒しすぎるのは損かもしれませんね。

with内で友達と遭遇する?

with内でも、基本的には友達・家族バレの心配はありません。

withは絶対に身バレしない安心設計
Facebook上の友達にはバレない!
  • withでは名前がイニシャル表記
  • Facebookのタイムラインには一切投稿されない
  • Facebook上の友達はwithの検索結果に表示されない

with側も友達バレ対策に最大限努めていることが伝わってきます。

基本的には「withに登録しても友達バレはない!」と考えて問題ありません。

マスター

ちなみに、with上では同性の検索はできないため、同性の友達にバレる心配はそもそもありません。

クレジットカード明細を見られてバレる?

withはクレジットカード明細にサイト名は記載されません。

with公式サイトに、次のようにはっきりと明記されています。

  • クレジットカードの利用明細書に、サイト名は記載されない
  • visaまたはMasterの場合「アイビー」と表記される
  • JCBの場合、クレジットカードお申し込み画面を確認すること

JCBのケースが分かりにくいですが、いずれにしてもサイト名が記載されることはありません。

マスター

これなら安心してカード決済できますね。

withでは友達バレが防げないケースもある

ここまでwithで友達・家族バレの心配はないと説明してきましたが、残念ながらその対策は万全ではないのです。

例えば次のケースでは、友達・家族バレの可能性が考えられます。

withで友達バレする経緯
  1. with登録後にFacebook友達になった友達にバレる
  2. Facebook上では友達ではない友達にバレる

ちなみに、①のケースは現在ではかなり対策が進んでおり、そこまで気にする必要は無くなりつつあります。

絶対に友達バレしたくない人は自己防衛するしかない

withのシステム上対策が不可能な部分は、あなた自身で対策をとるしかありません。

考えられる対策方法を一つずつ解説していきます。

  • 定期的にFacebookの友達を更新
  • ブロック機能を使う
  • 休憩モードに登録する
  • プロフ写真は最大限気を遣うべし
  • プロフィールに特定に繋がる情報を書かない

定期的にFacebookの友達を更新

これは「with登録後にFacebook友達になった友達にバレる」の対策です。

この手順を踏めばwith登録後にFacebookで友達になった相手も、with上で鉢合わせすることがなくなります。

ちなみにwithではFacebookの友達更新は自動でも行われています。

見た感じほぼ毎日自動で友達更新されているので、どうしても不安な方以外はわざわざ友達更新する必要はないと思います。

ブラウザ版

  1. 画面上部のメニューにある「マイページ」をタップする
  2. 画面下部にある「設定」メニューから「友達を更新」をタップする
  3. 画面最下部にある「Facebookの友達情報を更新する」をタップする

iOS版

  1. タブバーにある「マイページ」をタップする
  2. 「各種設定」をタップ
  3. 「Facebookの友達更新」をタップする
  4. 画面最下部にある「Facebookの友達情報を更新する」をタップする

Android版

  1. 左上のメニューアイコンをタップしてドロワーを表示させる
  2. 「各種設定」をタップ
  3. 「Facebookの友達更新」をタップする
  4. 画面最下部にある「Facebookの友達情報を更新する」をタップする

上記の通り進めればFacebookの友達情報を最新に更新することができます。

マスター

更新は1日1回までしかできませんが、自動更新のペースも意外と頻繁なのでそこまで気にすることはないでしょう。

ブロック機能を使う

withにはブロック機能が備わっています。

with上で友人を発見した場合、ブロックすれば相手からあなたを見つけることはできなくなります。

ちなみに一度ブロックすると解除はできないため、慎重に判断しましょう。

ブロックの方法は少し分かりづらいのですが、アプリ版だと相手のプロフィール写真の右上、WEB版だと相手のプロフィール写真の左下に「・・・」のようなボタンがあります。

withでブロックする方法

右上の「・・・」の部分をタップ

そのボタンをタップすると、ブロックを選択することができます。

非表示機能と勘違いしないよう注意!

ブロックと似た機能に非表示機能があります。

非表示は自分が見たくない相手を非表示にするだけなので、相手から自分を見ることはできてしまうのです。

一見すると相手からも表示されていないように勘違いしやすいので、注意が必要です。

休憩モードに登録する

休憩モードをオンにすると、特定の相手を除き、検索画面に表示されなくなります。

休憩モードで言う「特定の相手」とは?
  • すでにマッチング済みの異性
  • あなたにいいねを送った異性
  • あなたがいいねを送った異性

要するに、上記の相手以外にはあなたを見ることができなくなるのです。

休憩モードはスイッチでON・OFFが簡単に切り替えられますし、追加料金も発生しません。

友達・家族バレ対策としては最も確実な方法です。

  • WEB版…マイページ→「設定」の「休憩モードの設定」→「休憩モードの設定」をONに→更新する
  • アプリ版…左上メニュー→各種設定→「各種設定」の「休憩モードの設定」→「休憩モードの設定」をONに→更新する

ただし元々有料会員だった人は、休憩モード中も課金が継続されます。

休憩モード=休会ではないので注意が必要です。

プロフ写真は最大限気を遣うべし

地味な対策ですが、意外と有効なのは写真に気を遣うことです。

  • Facebookに載せている写真は使わない
  • 顔がはっきり認識できる写真をメインにしない

上記の2点を守ることで、そこまで仲が深くない友人ならパッと見であなたを認識できない可能性は高いです。

メインの写真には横顔やうつむき加減の写真を載せておいて、サブにはっきり顔がわかる写真を載せても良いでしょう。

マスター

もっと万全に対策するなら「気軽に写真リクエストしてください!」とプロフに書いておき、はっきり顔がわかる写真は載せないのもアリかもしれません。

プロフィールに特定に繋がる情報を書かない

出会うためにはプロフを詳しく書いておくことが重要ですが、バレ対策を優先するなら次の事項は書いてはいけません。

  • 大学名
  • 会社の詳しい業種
  • 出身地
  • 特徴のある趣味

「顔がなんとなく似てる」程度なら疑いで済みますが、上記の情報と合わせ技でほぼバレにつながってしまうでしょう。

「どうしても」でなければ気にしないのが一番!

「なんとなくバレたくない」「ちょっと恥ずかしい」程度なら、そこまで気にしないことをおすすめします。

私自身10以上の恋活アプリ・出会い系サイトに登録し、毎日積極的に活動しています。

それに顔写真もFacebookに載せている写真と同じものを載せていますが、一度もバレたことはありません。

マスター

会員数が膨大ですし、相手もお互い様なので他人に言いふらすことは考えづらいですよね。

Facebook不要の恋活アプリなど、目的別に知りたい方は恋活アプリおすすめランキングの記事を参考にしてください。

【2018目的別】恋活アプリおすすめ決定版!実体験でわかった本当のランキング

2018.07.03

with友達・家族バレ対策まとめ

この記事ではwithにおける友達・家族バレ対策を解説してきました。

最後に対策方法をおさらいしておきましょう。

with友達・家族バレ対策

  • 定期的にFacebookの友達を更新
  • ブロック機能を使う
  • 休憩モードに登録する
  • プロフ写真は最大限気を遣うべし
  • プロフィールに特定に繋がる情報を書かない

バレの恐怖を拭い去り、思いっきりwithで出会いを楽しみましょう!